倉敷 観る・遊ぶ

新渓園

歴史・旧跡

明治26年、倉敷紡績の初代社長大原孝四郎氏の別荘として建設されたもので、和風建築として高く評価されました。
その後、広く一般に開放されて、市民の憩いの場として親しまれてきました。
現在は「敬倹堂(ケイケンドウ)」、本格的な茶室を備えた「游心亭(ユウシンテイ)」があり、広く市民に開放され、茶会の名所にもなっています。

スポット情報
住所 倉敷市中央1-1-20
電話番号 086-422-0338
開園時間 9時00分~17時00分
定休日 年末年始(12月29日~1月3日)
料金 見学無料(貸館については有料)
おすすめのお店情報
倉敷 食べる
カフェ・喫茶店 | スイーツ&パン
倉敷駅、倉敷美観地区からも歩いていける、レトロな雰囲気の自家焙煎珈琲店「天領倉敷珈琲」。 ご注…続きを読む
倉敷 食べる
カフェ | グルメ特集
倉敷美観地区の中心に生まれた「くらしき宵待ち GARDEN」。 竹林散策庭園、野外催事場を有し…続きを読む
倉敷観光ブログ
 11月18日(土)倉敷市美観地区にある新渓園で、高梁川流域芸…

平成29年11月19日(日)ユーチューブなどでも見かける茶屋町の…

平成29年29年10月24日(火)~10月29日まで 第11回 フォトフレ…

Copyright © Kurashiki City All Rights Reserved.