TOP

- かはし -

備中松山城びっちゅうまつやまじょう

備中松山城

標高430mにある備中松山城は現存天守を持つ山城としては最も高い所にあり、国の重要文化財に指定されている。ここは山陰と山陽を結び、東西の主要街道も交差する要地であるため、戦国時代は激しい争奪戦が絶えず、城主交代が繰り返されてきた。登城坂の周囲は高さ10m以上の巨大な岩壁がそびえ、兵士が苦戦した「難攻不落の名城」の面影を残している。漆喰塗りの白壁と黒い腰板のコントラスト、空に映える美しい天守は必見。

マップ
所在地 岡山県高梁市内山下1
TEL 0866-22-1487
入場料 大人300円、小中学生150円 (団体割引あり 30人以上1割引、100人以上2割引)
営業時間 9:00~17:30(4月~9月)、9:00~16:30(10月~3月)
定休日 12月29日~1月3日
駐車場 14台(ふいご峠駐車場)、110台(城見橋公園駐車場)
アクセス JR伯備線 備中高梁駅より車で約10分(駅からは登城バス/乗合タクシーが運行)、ふいご峠駐車場(8合目)からお城までは徒歩約20分。※車の乗り入れはできません。
URL http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/shiro4240131.html
ゆかりの人物 山田方谷板倉勝静
関連コース

絶景スポット満載のコース

たっぷり備中エリア満喫の宿泊コース

高梁市で方谷の軌跡をたどるコース

方谷の里ふれあいセンターほうこくのさとふれあいせんたー

方谷の里ふれあいセンター

高梁市中井地域の農業振興、都市と農村の交流促進、伝統文化の伝承活動など、農業を軸とした地域活性化の拠点施設。

幕末の備中松山藩の藩政改革や教育に尽くした山田方谷の生誕地であることから、センター内には、「方谷資料展示室」を整備している。 DVDに よる山田方谷シアター、生い立ちから晩年までのタペストリー展示、方谷関連ホームページの閲覧ができるほか、地元に残る方谷の遺作も展示している。

マップ
所在地 岡山県高梁市中井町西方3158
TEL 0866-28-2001
開館時間 9:00~16:00
定休日 土曜日・祝日・年末年始
駐車場 20台
アクセス JR伯備線 方谷駅より車で約10分
URL http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/houkoku.html
ゆかりの人物 山田方谷

方谷園ほうこくえん

方谷園

備中松山藩儒・山田方谷(1805~1877)の功績・遺徳を末永く顕彰するため、時の上房郡教育会の拠出金により造られた小公園。明治43(1910)年5月に完成した。

園内には、三島中洲撰文の方谷園記念碑、方谷山田先生墓(旧藩主・板倉勝静の書)、山田家歴代の墓、茶席風神亭などがある。

マップ
所在地 高梁市中井町西方
TEL 0866-28-2001(方谷の里ふれあいセンター)
駐車場 あり
アクセス 岡山自動車道 賀陽ICより車で約30分、JR伯備線 方谷駅より車で約15分
URL http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/houkokuen4240131.html
ゆかりの人物 山田方谷板倉勝静三島中洲

長瀬塾跡(JR伯備線 方谷駅)ながせじゅくあと(じぇいあーるはくびせん ほうこくえき)

長瀬塾跡(JR伯備線 方谷駅)

JR伯備線方谷駅は、方谷が藩士の土着政策を実施した際、自らも帰農した居宅、長瀬塾跡に建っている。

昭和3年の伯備線開業時鉄道省は地名をとって「中井駅」或いは「長瀬駅」にしようとしていたが、地元民らが「方谷」駅名を請願、全国でただ一つの人名駅となった。

線路の山手、小高い畑の中に移された山田方谷旧宅地の石碑が立っている。

また、平成28年、方谷の功績や、周辺の史跡マップが展示された「方谷駅資料室」が駅内に開設された。

マップ
所在地 高梁市中井町西方9194
駐車場 数台
ゆかりの人物 山田方谷

牛麓舎跡ぎゅうろくしゃあと

牛麓舎跡

牛麓舎とは方谷が有終館学頭時代に子弟教育のために最初に設立した私塾で、臥牛山の麓にあることからこの名がついた。

のちに方谷の改革を支えた三島中洲や、矢吹久次郎などを輩出した。 現在建物は無く、跡地には「方谷先生家塾 牛麓舎跡」と記された碑が立つ。

マップ
所在地 高梁市御前町42
アクセス JR伯備線 備中高梁駅より徒歩約20分
ゆかりの人物 山田方谷三島中洲
関連コース 高梁市で方谷の軌跡をたどるコース

藩校有終館跡はんこうゆうしゅうかんあと

藩校有終館跡

備中松山藩の藩校「有終館跡地」には山田方谷が自らの手によって植えたといわれている黒松が残る。現在は高梁幼稚園の敷地となっている。

マップ
所在地 高梁市新中之町7
アクセス 高梁市観光駐車場より東へ徒歩約5分
ゆかりの人物 山田方谷板倉勝静
関連コース 高梁市で方谷の軌跡をたどるコース

御茶屋跡(水車)おちゃやあと(すいしゃ)

御茶屋跡(水車)

安政6(1859)年、方谷は長瀬(高梁市中井町)に居を移したが、年寄助勤として引き続き藩政に参画することとなったため月の半分は城下に居住した。河井継之助がしばらく寝泊まりした場所でもある。

平成23年3月、高梁市教育委員会が実施した遺構調査で、水車跡の石組みが発掘され「水車」の呼称の裏付けとなった。

方谷がここに住んでいたことを示す石碑が建っている。

マップ
所在地 高梁市奥万田町3774-3
TEL 0866-21-1516
駐車場 あり
アクセス JR伯備線 備中高梁駅より車で約10分
URL http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/kyouikuiinkai/otyaya.html
ゆかりの人物 山田方谷板倉勝静河井継之助

山田方谷旧宅跡やまだほうこくきゅうたくあと

山田方谷旧宅跡

慶応元(1865)年から方谷が備中松山城に赴いたときに住んだ場所。頼久寺境内に碑がある。

マップ
所在地 高梁市頼久寺町 第2駐車場前
アクセス JR伯備線 備中高梁駅より徒歩で約10分、中国自動車道 賀陽ICより車で約20分
ゆかりの人物 山田方谷

八重籬神社やえがきじんじゃ

八重籬神社

寛政5年(1793)板倉家10代藩主勝政の時、京都・吉田家から初代藩主勝重に八重籬の社号と大権現の尊称を贈られ、2代重宗と共に藩の鎮守として祭ったことに始まる。このため、明治まで藩の重要行事は全て当神社を中心に行われ、庶民は見ることさえ許されなかった。社宝として、備中松山城宝剣三振、藤の銅の太鼓、板倉勝重座像があり、市指重要文化財となっている。境内には、臥牛亭や板倉勝静之碑など多数の記念碑がある。

マップ
所在地 岡山県高梁市内山下120
TEL 0866-22-3288
アクセス JR伯備線 備中高梁駅より徒歩約20分
HP http://www.city.takahashi.okayama.jp/bunkazai/map/0061.html
ゆかりの人物 板倉勝静
関連コース

絶景スポット満載のコース

高梁市で方谷の軌跡をたどるコース