倉敷美観地区と昭和レトロのまち玉島を巡る1泊2日コース【宿泊】

倉敷エリア|町並み|所要日数:1泊2日
倉敷エリア|歴史・旧跡
所要日数:1泊2日

倉敷美観地区は、白壁の土蔵が立ち並ぶ町並みや、川のほとりのしだれ柳は江戸時代の風情が感じられ、町家や蔵を改装したカフェやショップも多く、おしゃれな町歩きが楽しめます。倉敷美観地区から車で約20分ほどのところにある玉島地区は、江戸時代から昭和初期にかけて港町として栄えた歴史的な景観の残る町です。玉島商店街エリアを中心にドラム缶橋などの昭和レトロな風情ある景色を楽しめるスポットが多く、「とんび」や「ALWAYS三丁目の夕日」などの映画のロケ地にもなりました。江戸時代には北前船が寄港したことから日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」に認定されており、町並み保存地区を中心に構成文化財も多く、当時の情景を想像しながらの散策もおすすめです。

モデルコースマップ

モデルコース詳細

START

倉敷美観地区散策

倉敷美観地区は、江戸時代からの白壁の蔵屋敷と、明治時代の洋風建築が調和した美しい景観が楽しめる町並みです。 伝統的な建物が作り出す町並みや、倉敷川沿いのレトロモダンな風景が、世界中の人を魅了し続けています。 また、夜は、倉敷美観地区夜間景観照明のライトアップもおすすめです。

住所
倉敷市中央

タクシー・レンタカー 美観地区より車で30分

鐘の鳴る丘展望台

良寛さん修行の寺「円通寺」の駐車場に2022年に設置された展望台です。 展望台からは、玉島の港町や水島工業地帯を一望できます。また、展望台には高さが7.6メートルある鐘塔が設置されており、実際に鳴らすこともできます。 その周囲には石の彫刻作品が展示してあり、景色とともに芸術作品を楽しむことのできるスポットです。

住所
倉敷市玉島柏島

徒歩5分

円通寺

自らの人生を任せるという「無為自然」の生き方を貫いた良寛さんが若いころ修行した寺として知られた曹洞宗の寺院です。円通寺の境内には、石組の庭や葦屋根の伽藍が配置されており、四季折々の花々を楽しむことができます。円通寺公園では、約500本のソメイヨシノが咲き乱れる春の風景や、見事な紅葉に包まれる秋の風景を楽しむことができます。

住所
倉敷市玉島柏島451
電話番号
086ー522ー2444

GOAL

START

備中玉島みなと朝市

かつての港のにぎわいを再現しようと、どこかレトロで懐かしい玉島商店街を舞台に、毎月第2日曜日に開催されています。毎回、地元玉島はもちろん、高梁川流域を中心に地域のおすすめグルメが出展され、心もお腹も満たされる朝市です。懐かしいのに新しいにぎやかなのにどこかのんびり、そんな昭和レトロな玉島で、気持ちのいい朝を過ごしませんか。

住所
倉敷市玉島中央町
電話番号
070-4468-8026 (にぎわう昭和のまち玉島実行委員会)
営業日
毎月第2日曜日9:00~12:00
ホームページ
https://www.tama-shima.jp/

徒歩5分

羽黒神社

1658(万治元)年、備中松山藩主水谷公が玉島港を開く際、干拓工事の成功を祈って出羽の羽黒神社を勧請した神社です。屋根の上にはからす天狗、また縁結びの結びの松が境内にあり、町おこしのシンボルとなっています。御朱印も注目されており、芸術性あふれるこだわりの御朱印で知られています。

住所
倉敷市玉島中央町1-12-1
電話番号
086-522-2695
営業日
年中無休 御朱印受付は9:00~16:00

徒歩

老舗和菓子店舗巡り

玉島は江戸時代より北前船や高瀬舟の水運のもとで繁栄した備中の国随一の商業港でした。当時商人の間では、交流の場として茶室が利用されていたため、全盛期には約400室ものお茶室があり、茶道具や和菓子店が軒を連ねていたと言われています。庶民の生活にもお茶文化が浸透し、今でも多くの老舗店が伝統の味を守り続けています。ぜひ「玉島のお茶文化」をご賞味ください。

徒歩

浮橋(ドラム缶橋)

映画「とんび」の1シーンでも登場した、ドラム缶を使って作られた浮橋です。
橋脚ではなくドラム缶をベースに橋が組み立てられており、105個のドラム缶を使用し昭和54年に完成しました。

住所
岡山県倉敷市玉島2-2-11

徒歩4分

通町商店街

通町商店街は、約230mも続く長いアーケードの商店街です。商店街自体が旧国道であり、創業100年を超える商店が多く、大正、昭和初期のレトロな雰囲気を味わうことができます。

住所
倉敷市玉島2丁目

徒歩3分

旧柚木家住宅(西爽亭)

備中松山藩主に仕えた玉島の庄屋、柚木家の旧宅です。
江戸時代中期の建築といわれ、藩主の御座所でもあった風格ある造りや構えには格別の趣が見られます。また備中松山藩士の熊田恰(くまだあたか)が多数の部下の命を守るために自刃した場所としても知られています。この出来事は、結果的に玉島の地が幕末の戦禍から救われた逸話として現在も語り継がれています。

住所
倉敷市玉島3-8-25
電話番号
086-522-0151
営業日
9:00~17:00 休:月曜日(祝日の場合は翌平日) 、年末年始

GOAL

その他のモデルコース