倉敷 観る・遊ぶ

鯉喰神社

歴史・旧跡

吉備の国平定のため吉備津彦の命が来られたとき、この地方の賊、温羅(うら)が村人達を苦しめていた。戦を行ったがなかなか勝負がつかない。その時天より声がし、命がそれに従うと、温羅はついに矢尽き、刀折れて、自分の血で染まった川へ鯉となって逃れた。すぐ命は鵜となり、鯉に姿を変えた温羅をこの場所で捕食した。それを祭るため村人達はここに鯉喰神社を建立した。
社殿は元禄14年(1701)4月、天保13年3月に造営し現在に至った。大正6年4月、庄村矢部字向山村社楯築神社を合祀した。大正6年10月4日神饌幣帛供進神社に指定された。(岡山県神社庁より抜粋)

スポット情報
住所 倉敷市矢部109
おすすめのお店情報
倉敷 買う
ジーンズ・帆布・布製品
倉敷児島の地で、創業60年近くカジュアルパンツを作り続けてきた縫製会社の、初めてのオリジナルブラ…続きを読む
バイストン美観地区店は、「倉敷帆布」をつくる織物会社の直営ショップです。古き良き天領の風情が残る…続きを読む
倉敷観光ブログ
2017年10月13日 倉敷屏風祭の始まる10月14日の前日 倉敷物語館…

  9月23日(土)から、倉敷市立美術館で山本二三展が開催さ…

ツツジ山再生プロジェクトとは 【 昭和初期、中庄にある帯江銅…

Copyright © Kurashiki City Co., Ltd. All Rights Reserved.