倉敷 観る・遊ぶ

藤戸寺

歴史・旧跡

平安時代末期(12世紀末)の源平藤戸合戦の功によりこの地域を拝領した源氏方の佐々木盛綱が、源平両軍の戦死者と自分が刺した漁夫の霊を弔うため、大法要を営んだといわれています。
境内には、鎌倉時代中期(13世紀中ごろ)造立の石造五重塔(県指定重文)があります。謡曲「藤戸」の寺で、謡曲・歌舞伎を演ずる人や、俳句等で訪れる人が多く、毎月21日は、「藤戸のお大師様」の縁日で、参拝者や露店で賑わいます。

★関連ブログ

スポット情報
住所 倉敷市藤戸町藤戸57
電話番号 086‐428‐1129
関連リンク倉敷の歴史文化を訪ねるみち
おすすめのお店情報
倉敷
カフェ | グルメ特集
倉敷美観地区の中心に生まれた「くらしき宵待ち GARDEN」。 竹林散策庭園、野外催事場を有し…続きを読む
倉敷
カフェ | グルメ特集
古い旅館を改装した風情ある構えの冨來屋本舗。 名物たかきびめんと、千屋牛やままかりといった郷土…続きを読む
倉敷観光ブログ
 11月18日(土)倉敷市美観地区にある新渓園で、高梁川流域芸…

平成29年11月19日(日)ユーチューブなどでも見かける茶屋町の…

平成29年29年10月24日(火)~10月29日まで 第11回 フォトフレ…

Copyright © Kurashiki City All Rights Reserved.