倉敷 観る・遊ぶ

藤戸寺

歴史・旧跡

平安時代末期(12世紀末)の源平藤戸合戦の功によりこの地域を拝領した源氏方の佐々木盛綱が、源平両軍の戦死者と自分が刺した漁夫の霊を弔うため、大法要を営んだといわれています。
境内には、鎌倉時代中期(13世紀中ごろ)造立の石造五重塔(県指定重文)があります。謡曲「藤戸」の寺で、謡曲・歌舞伎を演ずる人や、俳句等で訪れる人が多く、毎月21日は、「藤戸のお大師様」の縁日で、参拝者や露店で賑わいます。

★関連ブログ

スポット情報
住所 倉敷市藤戸町藤戸57
電話番号 086‐428‐1129
関連リンク倉敷の歴史文化を訪ねるみち
おすすめのお店情報
倉敷うどん「ぶっかけ」。美味しさの秘密は「水」「塩」「だし」「小麦粉」の4つの材料へのこだわり。…続きを読む
倉敷 買う
ジーンズ・帆布・布製品
倉敷児島の地で、創業60年近くカジュアルパンツを作り続けてきた縫製会社の、初めてのオリジナルブラ…続きを読む
倉敷観光ブログ
2018年新しい年の「植物園を楽しむ会 70」が倉敷市郊外にある重…

倉敷市連島町矢柄にある宝嶋寺で、恒例の正月元旦初祈祷 が開催…

平成30年度 倉敷市成人式が、新成人を宇宙の彼方からも 祝福し…

Copyright © Kurashiki City All Rights Reserved.