倉敷 観る・遊ぶ

藤戸寺

歴史・旧跡

平安時代末期(12世紀末)の源平藤戸合戦の功によりこの地域を拝領した源氏方の佐々木盛綱が、源平両軍の戦死者と自分が刺した漁夫の霊を弔うため、大法要を営んだといわれています。
境内には、鎌倉時代中期(13世紀中ごろ)造立の石造五重塔(県指定重文)があります。謡曲「藤戸」の寺で、謡曲・歌舞伎を演ずる人や、俳句等で訪れる人が多く、毎月21日は、「藤戸のお大師様」の縁日で、参拝者や露店で賑わいます。

★関連ブログ

スポット情報
住所 倉敷市藤戸町藤戸57
電話番号 086‐428‐1129
関連リンク倉敷の歴史文化を訪ねるみち
おすすめのお店情報
◎倉敷の料理! ままかり、がら海老、乙島しゃこ、いいだこ、蒜山の大根、連島のれんこん、倉敷のト…続きを読む
倉敷 食べる
お茶・甘味処・スイーツ | スイーツ&パン
旬のフルーツを使ったスイーツをはじめ、多彩な商品をお届けします。 フルーツを贅沢に使ったク…続きを読む
倉敷観光ブログ
倉敷アイビースクエア アイビー学館で「倉敷いぐさ祭り」が開…

 倉敷は宇喜多秀家により酒津から高梁川の水と、児島湾の…

 秀吉による天下統一の後、高梁川より東は、毛利家から宇…

Copyright © Kurashiki City Co., Ltd. All Rights Reserved.