有限会社 渡辺酒造本店

水島エリア|明治時代の創業

明治42年(1909年)創業・水島を代表する酒

清酒・奈良漬製造販売業

水島を代表する酒造元・渡辺酒造本店

 水島の昔ながらの町並みが残る連島地区。ここに1軒の酒造元があります。それが、明治42年(1909年)創業の有限会社渡辺酒造本店です。創業者・渡辺吟吉氏は酒造のみならず、綿業など幅広く地元で事業を営んでいました。その後、1代目・渡辺弥平次氏、2代目・数馬氏、3代目・良正氏へと受け継がれ、現在は4代目蔵元・英気氏が跡を引き継いでいます。昔は連島地区だけでも数十軒あった酒蔵も、徐々に減少し、ここ有限会社渡辺酒造本店(以下、渡辺酒造本店)のみとなりました。

代表的銘柄「嶺乃誉」を筆頭に丁寧な酒造りを続ける

 かつては「玉桜」など数々の銘柄を出していましたが、昭和初期に代表酒銘「嶺乃誉」が登場。ほかにも「千歳楽」、「夢倉敷」が渡辺酒造本店の看板銘柄となっています。  渡辺酒造本店は高梁川流域の豊かな水、また厳選された国内産米を使用しています。使う米は「山田錦」や、岡山生まれの「雄町米」、「朝日米」といった酒造に適した米。これらこだわりの原材料と、備中杜氏の伝統の技を駆使して渡辺酒造本店のお酒は生み出されます。  中でも、「絞り」(発酵が終了し熟成したもろみを圧搾して、酒と酒粕に分離すること。上槽とも呼ぶ。)で使う機械は、現在では大変珍しい木製の絞り機です。昔ながらの槽(ふね)でゆっくりと搾るため、軟らかくまろやかな味のお酒を造るのに一役買っています。ほかにも数十年前からは人間の赤ちゃんの胎教にも良いとされる、クラシック音楽(特にモーツァルト)を蔵で流すことで、お酒自身がまるでリラックスしたような、優しい味になるそうです。「けれど、毎日音楽をかけ続けていると、逆にお酒がストレスを感じるので、3日に1回音楽を流すようにしています」、と語る英気氏の酒造りの姿勢は、まるで子どもを大切に育てる親のようです。

年に一度「酒蔵コンサート」を開催

 また、音楽好きな英気氏は約27年前から蔵開きを兼ねた「酒蔵コンサート」を開催し、300~400人もの酒好き、音楽好きの人たちが集まり盛大に行われています。(毎年4~5月に開催。時期は年によって変わり、開催しない年もあります。)くらしき作陽大学の先生のほか、県内外で活躍する演奏家によって蔵内でクラシック音楽が繰り広げられ、音楽を聴きながら、出来立ての新酒を味わい、机には日本酒に合う日本料理が並びます(参加費は有料)。  酒蔵コンサートも開催当時は運営までの道のりも難しいと感じていましたが、英気氏の親戚である櫻芳烈酒造株式会社(高梁市)がJAZZコンサートを酒蔵で開催しており、アイデアを得てコンサートを開くまでに至りました。そして、一度参加すると翌年度も参加する人が多く、また口コミで人気が広がり、今では倉敷市内外からたくさんの方が集まるイベントとなっています。 ※なお、渡辺酒造本店では清酒のほか、「大吟醸雄町米めん」、「黒豆めん」などの手延べめんや、奈良漬「特製誉漬」も製造しています。贈答用に人気の商品となっています。 (2022.11更新)

所在地

〒712-8002 倉敷市連島町亀島新田170

電話番号

086-444-8045

代表者

渡辺英気(蔵元)

創業

明治42年(1909年)

ホームページ

https://watanabeshuzou.shop/