森田酒造 株式会社

倉敷エリア|明治時代の創業

清酒萬年雪醸造元

酒造業

創業者は庄屋さん

 明治42年(1909年)創業の森田酒造は美観地区にほど近い本町に立地し、町屋造の建物が並ぶ通りにあって、一際大きな敷地で酒造りが続けられています。創業者の森田家は代々続く庄屋で、価格が変動制だった米を利用して、より安定して利益を生み出せる付加価値の高いものを、という思いから造り酒屋を始めたと言います。当初は米作りと酒造とを並行して行っていましたが、後の農地改革後は酒造業一本に絞って今に至ります。

非効率な製法

 森田酒造で作られているお酒は50種ほどあり、その全てに「萬年雪(まんねんゆき)」の名が冠せられます。3代目である森田昭一郎氏自身「非効率」と語る昔ながらの製法でじっくり造られるお酒は、高梁川の水と足守、清音の近辺の農家で作られた米を原料とし(大吟醸を除く)、味のブレを防ぐためにブレンド率は昭一郎氏のみが決定します。また、在庫は2~3日分しか持たないのがポリシーで、これはお酒は生鮮品と考えているから。
 
 販路はネット通販も含めエンドユーザー向けの直販が基本です。消費者に安心感を与えるとともに、メーカーとしてはその反応をダイレクトに聞けるという利点があり、その声は品質に生かされます。

伝統の上に革新を

 「時代に迎合しない昔ながらの酒造りは譲れない。しかし同時に新しい商品の開発も必要」とは昭一郎氏の弁。より良い水を求めて産地の調査や製造の試行錯誤を繰り返しているのもそのためです。
現在、顧客は全国に広がり、何代にも渡って愛飲しているファンも多い萬年雪。良い素材を使って一生懸命に造るという単純ながらも難しいことの継続が消費者の支持に結びついています。
(2021.11更新)

所在地

〒710-0054 倉敷市本町8-8

電話番号

086-422-0252

代表者

森田昭一郎(代表取締役)

創業

明治42年(1909年)

従業員数

9

ホームページ

http://www.moritasyuzou.co.jp/ 

関連リンク

倉敷エリアの特産品「萬年雪」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_buy/rm-buy81/ 
 
倉敷エリアの魅どころ「平翠軒」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_see/rm-see5/ 
 
買う「森田酒造場」
https://www.kurashiki-tabi.jp/buy/buy-1200/