平翠軒

倉敷エリア|郷土食・その他

自らの足で集めたおいしいものブティック

全国の美味しい食材を集めたセレクトショップ

1,500以上のアイテム数

 倉敷市本町、老舗の造り酒屋である森田酒造に隣接して看板を掲げる平翆軒。観光客や地元の買い物客がひっきりなしに訪れ、店に並ぶ全国の美味しい物を選んで行きます。普通のスーパーでは1,000は超えないというアイテム数は、平翆軒では常時1,500以上。「おいしいものブティック」と名乗る通り、社長の森田昭一郎氏自身が自らの足と舌で厳選した、人に紹介して納得してもらえる自信のある商品のみを販売し、訪れる人の6割はリピーターだとか。今では食のプロが市場調査を兼ねて見学に来るほどの評価を得ています。

誕生のきっかけ

 森田氏が平翠軒を始めたきっかけは「自分の気に入った食べ物を身近に置いておきたいから」という単純なものでした。郊外型のスーパーが増え車が無いと買い物にも困る時代、欲しい物が欲しい時に買えなくなってしまうのではないか、という漠然とした不安があったと言います。したがって、店に並べる商品は全て自分で見つけなければ意味がありませんでした。幸いにして美味しい食べ物の情報は自身が培ってきた多くのネットワークから入手できたので、それを元に全国を回って実際に食べ、人に紹介したいと感じたもののみを仕入れてきました。そうしてオンリーワンを目指して出来上がったのが平翠軒です。

生活の中に冒険を

 お店の売り場面積は31坪と決して広くはありませんが、代わりに200坪のバックヤードを備えています。数多くのアイテム数を常に変化させながら販売するにはこれぐらいのバックヤードが必要だとか。商品構成も最近では日常の暮らしに密着したものばかりではなく、少し日常から離れたテイストも提案するようにしています。これは買い物を遊びとして楽しんでもらいたいという思いがあるから。また、食という行為自体も「週に一度ぐらいは暮らしの中の冒険として色々な食材を楽しんで欲しい」と森田氏は語ります。
 現在は倉敷と東京、銀座six及び秋田から広島まで有名デパートのテナントとして小規模ながら23店舗を展開中。またホームページでの通信販売も行っています。
(2019.11更新)

団体名

平翠軒

所在地

〒710-0054 倉敷市本町8-8

電話番号

086-427-1147

ホームページ

https://www.heisuiken.co.jp/ 

関連リンク

明治時代創業の老舗「森田酒造 株式会社」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_shop/rm-shop139/ 
 
倉敷エリアの特産品「萬年雪」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_buy/rm-buy81/