鯉喰神社(こいくいじんじゃ)

庄エリア|歴史的建造物・神社仏閣・史跡

桃太郎伝説ゆかりの旧跡

桃太郎伝説に思いをはせる

倉敷市の矢部の旧道沿いにひっそりとたたずむに鯉喰神社。
ここは桃太郎伝説ゆかりの旧跡です。
 
現地案内板によると、
「吉備の国平定(へいてい)のため吉備津彦命(きびつひこのみこと)が来られたとき、
この地方の賊、温羅(うら)が村人達を苦しめていた。
戦を行ったがなかなか勝負がつかない。
その時天より声がし、命がそれに従うと、温羅はついに矢尽き、刀折れて、
自分の血で染まった川へ鯉となって逃れた。
すぐ命は鵜となり、鯉に姿を変えた温羅をこの場所で捕食した。
それを祭るため村人達はここに鯉喰神社を建立した」
とあります。
 
社殿は元禄14年(1701年)4月、天保13年(1842年)3月に造営し現在に至る。
大正6年(1917年)4月、庄村矢部字向山村社楯築神社を合祀した。
大正6年(1917年)10月4日神饌幣帛供進神社に指定された。
(岡山県神社庁より抜粋)
(2019.11更新)

団体名

鯉喰神社

所在地

倉敷市矢部109

電話番号

ポイント

アクセス:
岡山総社ICから車で約10分
倉敷ICから車で約10分
 
駐車場:なし
※周辺道路の幅員が狭いので注意

関連リンク

観る「鯉喰神社」
https://www.kurashiki-tabi.jp/see/see-205/