新渓園

倉敷エリア|歴史的建造物・神社仏閣・史跡

大原美術館の裏にある入園無料の日本庭園

1893年(明治26年)に倉敷紡績の初代社長・大原孝四郎氏の別荘として建築された和風建築の建物と日本庭園。大原美術館本館と分館の間にある。

新渓園の歴史

明治26年(1893年)に倉敷紡績の初代社長である大原孝四郎の還暦祝いとして建てられた別邸で、建築当時は「向邸(むかいてい)」と呼ばれていました。大正11年(1922年)に息子で大原美術館の創立者でもある大原孫三郎が倉敷市へ寄付し、大原孝四郎の雅号「新渓」から新渓園と名付けられました。建てられてから100年近く経った平成3年(1991年)、老朽化のため「敬倹堂」は外観を建築当時の趣きそのままに大規模な改修を行いました。本格的な茶室を備えた数寄屋風の建物は、かつてあった游心楼にちなんで「游心亭」と名付けられ、茶会などで一般に利用されています。

日本建築の良さと四季の庭園を無料で堪能できる

「敬倹堂」は56畳もある広々とした大広間と高い天井に立派な梁、縁側などを備えた純和風の建築物です。畳敷きの大広間に足を踏み入れるだけで清々しい気分になり、縁側からは四季折々の素晴らしい日本庭園を間近に眺めることができて、現代では感じることが少なくなった日本情緒を味わうことができます。この大広間はさまざまな用途で利用が可能で、結婚式(人前式)や観光茶席などのイベントなども行われています。(※イベント時には一般の方が入場できない場合もありますので、ご注意ください)

団体名

新渓園

所在地

〒710-0046 倉敷市中央1-1-20

電話番号

086-422-0338

ポイント

入園料:無料(貸室利用の場合は有料)
入園時間:9:00~17:00(受付16:30)
休園日:年末年始(12月29日~1月3日)