倉敷アイビースクエア

倉敷エリア|歴史的建造物・神社仏閣・史跡

つたの広場、赤れんがのホテル

蔦の絡まるレンガ壁が特徴の、宿泊・飲食だけでなく文化施設も併設されたユニークなホテル。

明治からの歴史ある建物

 倉敷アイビースクエアの建つ場所はかつて倉敷が天領地であった時代に代官所があった所で、この場所に明治22年(1889年)、旧倉敷紡績所(現在のクラボウ)の本社工場が建設されました。戦後は休止工場となり倉庫として使用されていましたが、蔦の緑に包まれた美しい外観と基本構造を残しながら改装を加え、宿泊・飲食施設および文化施設も併設したユニークな複合文化施設としてオープンしたのが昭和49年(1974年)のことです。

憧れのアイビー

 「憧れのアイビー」として全国から年間7万人もの宿泊客が訪れる倉敷アイビースクエア。130年以上の歴史あるレンガ壁や独特のノコギリ屋根、そして名前の由来でもあるアイビー(蔦)の絡まる中庭広場などの特徴が大勢のファンを惹き付けます。
 敷地内にはホテル、レストランだけでなく宴会場、倉紡記念館などの文化施設、陶芸体験ができる工房やショップなど多数の施設が併設され、宿泊や食事に限らず楽しめる場所として多くの人が訪れています。
(2020.12更新)

団体名

倉敷アイビースクエア

所在地

〒710-0054 倉敷市本町7-2

電話番号

086-422-0011

ホームページ

https://www.ivysquare.co.jp 

関連リンク

倉敷エリアの魅どころ「倉敷代官所跡」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_see/rm-see276/ 
 
明治時代創業の老舗「倉敷紡績 株式会社(クラボウ)」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_shop/rm-shop192/ 
 
観る「倉敷アイビースクエア」
https://www.kurashiki-tabi.jp/see/see-171/