TOP

倉敷美観地区くらしきびかんちく

かつて江戸幕府の直轄地である「天領」であり、物資の集積地として栄えた倉敷。往時をしのばせるのが「倉敷美観地区」「本町・東町」。白壁土蔵のなまこ壁に、軒を連ねる格子窓の町家、柳並木が連なる倉敷川沿いなど情緒豊かな日本の伝統的な美しい町並みが続いています。この風景に溶け込むように、ギャラリーや雑貨店、喫茶店などが点在し、古い歴史文化と現代の感性が調和している。何度訪れても新たな発見がある、魅力にあふれた町だ。

DATA
アクセス:JR倉敷駅から南へ徒歩約10分
URL:http://www.kurashiki-tabi.jp/kurashiki-h1/
徒歩約数分

創味魚菜 いわ倉そうみぎょさい いわくら

瀬戸内の魚を刺身や唐揚げ、押し寿司、踊り焼きにと、材料に合わせてさまざまないただき方で堪能できる店。地元の食材を使ったアラカルトも豊富で、店の人と話しながら選ぶ楽しさがある。料理同様、店内も落ち着いた雰囲気のなかに華があり、カウンター、テーブル、座敷が絶妙に仕切られ、用途に合わせて抜群の使い勝手を発揮。多彩なアラカルトと地酒の豊富さからも、県外客のもてなしにぴったりだ。

DATA
住所:倉敷市中央2-1-18
TEL:086-427-3101
営業時間:11:00~14:00(OS)/17:00~22:30(OS22:00)※日曜、祝日は〜21:30(OS21:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
座席:150 席
駐車場:契約駐車場あり
車で約70分

桜渓塾跡公園 おうけいじゅくあとこうえん

嘉永(かえい)4(1851)年、阪谷朗盧(さかたにろうろ)が若者たちの人材育成のために、伯父(おじ)・山鳴大年(やまなりだいねん)の協力を得て、簗瀬(やなせ)の桜渓(さくらだに)に開いた塾である。大正2(1913)年、桜渓遺跡保存会によって記念碑が設立された。

DATA
住所:岡山県井原市芳井町簗瀬
TEL:0866-72-1324(芳井歴史民俗資料館) 0866-63-3144(井原市文化財センター)
入園料:無料
営業時間:随時
駐車場:15台アクセス:車では、山陽自動車道笠岡ICより北へ車で約40分、電車では、井原鉄道井原線井原駅よりタクシーで約15分

もっと詳しく知る!
ゆかりの人物
阪谷朗廬
車で約65分

吹屋ふるさと村ふきやふるさとむら

赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された、見事な町並みが約500mに渡り続くエリア。江戸末期から明治にかけ、吹屋の長者達が相談の上で石州(島根県)から宮大工の棟梁を招き、町全体を統一したコンセプトの下に建設した。昭和52年に文化庁から国の重要伝統的建造物群保存地区の認定を受けた。映画「八つ墓村」のロケ地としても有名。

DATA
住所:岡山県高梁市成羽町吹屋838-2
TEL:0866-29-2222
駐車場:85台 (バス5台含む)
アクセス:JR伯備線 備中高梁駅から車で約50分
URL:http://takahasikanko.or.jp/modules/spot/index.php?content_id=21
車で約40分

高梁市内で宿泊

高梁市内から車で約20分

備中松山城展望台びっちゅうまつやまじょうてんぼうだい

標高430mの臥牛山頂上に天守がある、現存する山城として最も高いところに建つ備中松山城。 こちらを望む展望台は9月下旬~4月上旬の早朝は雲海が出やすくなり、幻想的な景観が望める絶好のシーズン。ただし、 雲海は早朝に天候がよく、朝方と日中の寒暖差が大きいことや無風などの気象条件がそろわないと発生しない。国指定天然記念物の野生猿や降雪に注意しつつ、感動的な雲海に浮かぶ備中松山城に出会おう。

DATA
住所:高梁市高梁市奥万田町※ただし山中のため、番地はなく高梁市松山字楢井方面から入る必要あり。
問い合わせ(一社)高梁市観光協会
TEL 0866‐21‐0461/高梁市産業振興課
TEL 0866‐21‐0229
駐車場:4台
URL:http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/bichu-matsuyama/unkaitenboudai.html
車で約20分

備中松山城びっちゅうまつやまじょう

現存天守を持つ唯一の山城で、国指定重要文化財。戦国時代は激しい争奪戦が繰り返されてきた城で、高さ10m以上の巨大な岩壁がそびえ、兵士が苦戦した「難攻不落の名城」の面影を残す。

DATA
住所:岡山県高梁市内山下1
TEL:0866-22-1487
入城料:大人300円、小中学生150円 (団体割引あり 30人以上1割引、100人以上2割引)
営業時間:9:00~17:30(4月~9月)、9:00~16:30(10月~3月)
定休日:12月29日~1月3日
駐車場:14台(ふいご峠駐車場)、110台(城見橋公園駐車場)
アクセス:JR伯備線 備中高梁駅より車で約10分(駅からは登城バス/乗合タクシーが運行)、ふいご峠駐車場(8合目)からお城までは徒歩約20分。※車の乗り入れはできません。

もっと詳しく知る!
ゆかりの人物
山田方谷 板倉勝静
車で約45分

満奇洞まきどう

縦延長450m、最大幅25mもある鍾乳洞。歌人与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と呼んだことから「満奇洞」と呼ばれるようになった。無数のつらら石、カーテン、洞穴サンゴが、見事な景観を作り出し、色とりどりのLED照明が美しく照らしている。水と石灰岩が長い歳月をかけ作り上げた自然の造形美は感動的。

DATA
住所:新見市豊永赤馬2276-2
TEL:0867-74-3100
入場料:高校生以上1000円、中学生800円、小学生500円、小学生未満無料
営業時間:8:30~17:00(受付は~16:30)
定休日:なし
駐車場:150台
アクセス:中国自動車道 北房ICから車で約20分、中国自動車道 新見ICから車で約30分
URL:http://www.city.niimi.okayama.jp/docs/2012030600295/
車で約20分

焼肉レストラン千屋牛 やきにくれすとらんちやぎゅう

A4・A5ランクの千屋牛をリーズナブルに提供するJA直営のレストラン。ご飯は「あしん源流米」コシヒカリを使用。野菜は併設する農産物直売所「ふれあい市場」から直接仕入れた地元産が中心。一番人気は、分厚くカットされた特選のヒレ、ロース、カルビが味わえる「千屋牛セット」。千屋牛の崩れるような柔らかさととろけるような肉の甘味が口に広がる。他にも丼や定食など、さまざまなメニューがある。

DATA
住所:新見市正田397-2 JAあしん広場内
TEL:0867-72-6605
営業時間:11:00~21:30(OS21:00)
定休日:火曜日
駐車場:80台
座席:テーブル6台・座敷9台(1テーブル6人程度可)
アクセス:新見ICから車で約15分
車で約30分

大佐山田方谷記念館 おおさやまだほうこくきねんかん

山田方谷の人物像や、財政改革の手法、教育者としての足跡など、その生涯を紹介している記念館。山田方谷が書いたとされる大政奉還上奏文の草案、書なども展示されている。

DATA
住所:新見市大佐小南323-3
TEL:0867-98-4059
入館料:300円※障がい者手帳を持つ人は免除
営業時間:10:00~16:00定休日:月曜日、火曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:10台
アクセス:JR姫新線 刑部駅より徒歩約10分、中国自動車道 大佐スマートICより車で約5分

もっと詳しく知る!
ゆかりの人物
山田方谷 板倉勝静

他のコースも見てみよう!