観る・遊ぶ。倉敷の見どころ満載!

すべての検索結果46

  • 並び替え
  • 新着
  • 五十音順
カテゴリー:「歴史・旧跡」

観る・遊ぶ | 歴史・旧跡

美観地区の一角にある鶴形山の山頂に鎮座する倉敷の鎮守。 航海の安全を司る宗像三女神を主祭神としてお祀りする創祀1700年を超える古社です。 境内には日本一古い蓬莱様式の磐坐(いわくら)や曙藤としては日本一の古木といわれる県指定天然記念物「阿知の藤」等があります。  …続きを読む

江戸時代に新田開発などで大きな財を成した大橋家が1796(寛政8)年に建てた建物です。 倉敷の代表的な町家のひとつに数えられ、長屋門や倉敷窓・倉敷格子などを備えた往時の商家の姿を現在に残す重厚な造りが印象的です。国の重要文化財にも指定されています。 …続きを読む

観る・遊ぶ | 歴史・旧跡

大原孫三郎が家族で住むために建てた大原家の旧別邸。独特の製法で焼かれた瓦は、見る角度によって緑色に光り、地元では「緑御殿」とも呼ばれています。 ※特別公開以外は外観のみ見学可能 …続きを読む

観る・遊ぶ | 歴史・旧跡

しっかり手入れされた美しい竹林が広がる箭田の竹林は、ゆるやかに時間が流れるリラクゼーション空間です。 …続きを読む

観る・遊ぶ | 歴史・旧跡

小高い丘の上にある曹洞宗の古寺で、江戸時代の良寛和尚が若いころ修行した寺として知られます。石組の庭と葦屋根の荘重な伽藍が配置された境内や隣接する円通寺公園では、四季折々の花々を楽しむことができます。   良寛の遺徳をしのぶ「良寛茶会」は、桜が満開の時期に同寺本 …続きを読む

観る・遊ぶ | 歴史・旧跡

創立は、「大宝元年(西暦701年)宇佐より勧請す」と社伝にある。古来、倉敷市児島上の町、下の町、田の口、唐琴(江戸期の「鴻の郷」)の総氏神として崇められ、厄除、殖産、交通安全(空海陸)の守神として広く崇敬されており、備前藩の吉備温故秘録に、この宮に伝わる「鴻の鳥」の伝 …続きを読む

全国に五十二の分社を持つ由加神社の本宮。日本三大権現の一つ、また厄除けの総本山として知られ、江戸時代より人々の信仰を集め、備前藩主池田侯の祈願所として栄えました。時期を同じくして四国こんぴらさんとの両参りも盛んに行われ、現在も両参りを信仰する人が多く、江戸本所 …続きを読む

和歌山県紀州熊野本宮大社より、701年修験道の始祖役行者の高弟達が当地に祀る。全国に3800社余りある熊野神社で本宮の昔の姿をこの地のみに残している。神殿は重文、県の重要文化財が連立している。  また日本唯一「いじめ除け」の神としての八尾羅宮も境内にあり広く信仰を集 …続きを読む

奈良時代に僧・行基によって創建されました。 古来より厄除けの総本山として、 鎮守神の瑜伽大権現を祀っています。 江戸時代には、藩主・池田候の祈願所として崇敬され、 県指定重文の客殿には、 円山応挙の絶筆「竹鶏の図」をはじめ襖絵が 多数拝観できます。 総本殿の厄 …続きを読む

明治26年、倉敷紡績の初代社長大原孝四郎氏の別荘として建設されたもので、和風建築として高く評価されました。 その後、広く一般に開放されて、市民の憩いの場として親しまれてきました。 現在は「敬倹堂(ケイケンドウ)」、本格的な茶室を備えた「游心亭(ユウシンテイ)」があり …続きを読む


Copyright © Kurashiki City All Rights Reserved.