倉敷 観る・遊ぶ

倉敷市歴史民俗資料館

博物館・資料館・テーマパーク

この建物は、大正4年10月に倉敷幼稚園(創立明治29年)の園舎として建築され、60年余り使用されたものです。落ち着いた玄関の構え、曲線美を取り入れた廊下の垂れ壁、美しい八弁花模様の天井をもつ遊戯室、ドイツヘルメット状の棟飾り、玄関棟瓦に取り付けられたユーモラスで楽しい雰囲気の「きんちゃく」など、洋風建築をしのばせる園舎として有名で、正面のさくらの紋章から「さくら幼稚園」の愛称で親しまれていました。
八角形の遊戯室は、内部に支柱を使わない機能性を追求した特色ある建築様式であり、さらに保育室と廊下を前面に、遊戯室を後方に配置することによって、動線の短縮や静と動の分離を図るなど、幼児教育史上にも貴重な建物となっています。
昭和56年3月に現在の場所に移転復元され、歴史民俗資料館として幕末以後の教科書を中心に展示しています。(建物:国登録文化財)

スポット情報

住所 倉敷市西中新田669
電話番号 086-422-7239
開館時間 10:00~16:00
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は次の休日でない日)
年末年始(12/28~1/4)
料金 無料

倉敷市歴史民俗資料館について、倉敷市の地図の上で場所を示しています。

おすすめのお店情報
バイストン美観地区店は、「倉敷帆布」をつくる織物会社の直営ショップです。古き良き天領の風情が残る…続きを読む
倉敷 買う
ここでしか買えない品! | 買う特集
詳細を見る
美観地区、アイビースクエアそばにオープンした ”INDIGO”をテーマにした2ブランド複合コン…続きを読む
倉敷エリアについて 古き情緒を今も色濃く受け継ぐ白壁の屋敷、町の建築様式に息づく江戸の風情を楽しめます。

テーマで探す

エリアで探す


Copyright © Kurashiki City All Rights Reserved.