58 件表示
  • 並び替え
  • 新着
  • 五十音順
倉敷 観る・遊ぶ
観る・遊ぶ |
平成21年4月24日(金)に倉敷物語館が開館しました。 倉敷物語館は、美観地区の入口に位置し、倉敷を訪れる観光客と市民の交流・活動の場として、また、美観地区の回遊性向上の拠点施設として活用されています。   倉敷物語館は、南側の長屋門・塀…
倉敷物語館の詳細を見る
住所 倉敷市阿知2丁目23―18
電話番号 086-435-1277
営業時間 4月~11月 9:00~21:00 (入館は20:45まで)
12月~3月 9:00~19:00 (入館は18:45まで、貸室については21:00まで利用可)
※貸室の申込受付時間:開館日の9:00~17:45
定休日 年末年始(12/29~1/3)
倉敷 観る・遊ぶ
自然・景勝地
阿智の藤は、美観地区の北、鶴形山にある曙藤(あけぼのふじ)の巨樹です。 樹齢は300~500年とも言われており、幹周りは1.5m。同種の藤では最も古く大きいもので、岡山県天然記念物となっています。 一時は枯れかけたこともありましたが、地元住民らが保護…
鶴形山公園の詳細を見る
住所 倉敷市本町12
営業時間 4月下旬~5月上旬
倉敷 観る・遊ぶ
体験
少女漫画の巨匠、いがらしゆみこの作品を展示する愛と元気に再会できる少女漫画の美術館を楽しむ上で欠かせないアトラクション。 いがらしゆみこが描くようなキラキラ豪華なお姫さまドレスを着て記念撮影ができる「お姫さま体験」で、憧れのお姫さま気分を…
「お姫さま体験」「矢絣はかま体験」(いがらしゆみこ美術館)の詳細を見る
住所 倉敷市本町9-30
電話番号 086-426-1919
営業時間 10時00分~17時00分
定休日 年中無休
料金 「お姫さま体験」
1着 1,000円 (入館料別・予約不要)

「矢絣はかま体験」
2時間散策 3,500円 (入館料別・要予約)

★障がい者割引有り
手帳ご提示で、御本人様及び付き添いの方1名様入館料半額
倉敷 観る・遊ぶ
歴史・旧跡
王墓山丘陵に存在するこの古墳は,明治末年に破壊されて,その形が著しく変形されており,その大きさや形については明らかではありません。石室は横穴式だったと思われますが,これも石材が抜き取られています。  井原市で産出する浪形石で造られた家形…
王墓山古墳の詳細を見る
住所 倉敷市庄新町
倉敷 観る・遊ぶ
体験
 かつて物資を積んだ川舟の往来でにぎわった倉敷川。その風情を味わえる観光川舟が運行されています。ゆったりと進む舟に腰を下ろして眺める白壁の町並みは、川舟流しならではの表情を見せてくれます。 -------------------------------------------------…
くらしき川舟流しの詳細を見る
住所 倉敷市阿知2-23-18
電話番号 086-422-0542(倉敷物語館臨時観光案内所)
営業時間 午前9:30始発〜最終便17:00
※30分おきに出発
定休日 3月〜11月/第2月曜日(祝日は除く)
12月〜2月/土・日・祝のみ運航
※年末年始は運休
料金 ※当日販売のみ
大人500円 子ども250円(5歳〜小学生以下)
チケットは川舟乗船場付近のチケット販売所でお買い求め下さい。
※5歳未満は無料です。
※1艘の定員は6名です。
※ペットの乗船はできません。
倉敷 観る・遊ぶ
歴史・旧跡
倉敷市域北東の岡山市と境を接するあたりに広がる王墓山丘陵の北端、楯築神社の境内を中心とする弥生時代後期の墳丘墓です。 自然地形を利用し盛り土を行って整えられて墳丘の規模は、現在知られている弥生時代の墳丘墓としては最大級です。円丘部は径約5…
楯築遺跡の詳細を見る
住所 倉敷市庄新町8-1-2
倉敷 観る・遊ぶ
歴史・旧跡
海峡へ乗り出した佐々木盛綱は、海が少し浅くなっている地点に鞭をつき休みました。 その鞭がいつしか巨木に育ち、地名になったといわれています。
鞭木跡(むちきあと)の詳細を見る
住所 倉敷市粒江
倉敷 観る・遊ぶ
歴史・旧跡
かつて藤戸海岸の海の底だった田園のなかをしばらく進むと、円形の凹地に「浮洲岩」の文字が刻まれた石碑があります。かつてここに巨石があって、海から浮き出ていたとされる岩のあった場所です。 その文字は、三代目岡山藩主・池田光政に仕えた高名な儒学…
浮洲岩跡の詳細を見る
住所 倉敷市粒江
倉敷 観る・遊ぶ
歴史・旧跡
平家が本陣を置き、かがり火を焚いたという平家本陣跡にはお地蔵様が祀られ、地区の人たちは「篝地蔵」と呼んで大切にしています。 今はのどかな農村風景となっています。
篝地蔵の詳細を見る
住所 倉敷市粒江
倉敷 観る・遊ぶ
歴史・旧跡
盛綱が藤戸寺で大法要を営んだ際、書写した経文をこの小島に埋めたことから名前がついたといわれています。 頂上に古びた宝きょう印塔(経塚)と六角形の石塔婆(漁塚)があり、 佐々木盛綱に浅瀬を教えた「浦の男」の供養に建てられたとされます。
経ヶ島の詳細を見る
住所 倉敷市藤戸町天城
1 4 5 6

Copyright © Kurashiki City All Rights Reserved.