観る・遊ぶ。倉敷の見どころ満載!

すべての検索結果32

  • 並び替え
  • 新着
  • 五十音順
カテゴリー: 「博物館・テーマパーク」
31

明治時代の回船問屋の建物を復元した資料館。母屋など当時の商家の様子がうかがえるほか、下津井にまつわる資料の展示や、地元特産物の販売、食事処もあります。 ※Cantina登美(カンティーナ登美)8月のお知らせ  8/1日(水)、20日(月)、21日(火)、22日(水)はお休みい …続きを読む

国指定重要文化財 旧大原家住宅。 邸内は表からは想像できない景色。石畳に連なる倉群、静寂の日本庭園等々、落ち着いた雰囲気の中で、「倉敷の中の倉敷」をご堪能いただけます。展示内容も充実。大原家の所蔵品、美術品に加え、「ふりそそぐ言葉」「キューブツリー」等の独創的 …続きを読む

クラボウは明治21年倉敷紡績所として創立されました。初代社長に大原孝四郎が就任。 翌22年、江戸時代の倉敷代官所跡地に当時としては最も近代的な紡績工場が操業を開始しました。 倉紡記念館は、昭和44年、クラボウの創立80周年の記念行事のひとつとして建設されました。明治の …続きを読む

昭和5年、倉敷の実業家大原孫三郎が設立したもので、西洋美術、近代美術を展示する私立美術館としては日本最初のものです。ギリシャ神殿風の本館の中には世界画壇の巨匠作品が多数展示されており、ツタにおおわれた石垣、門を入るとロダンの彫刻「洗礼者ヨハネ」「カレーの市民」 …続きを読む

古い米蔵を利用して、1967年に開館した日本郷土玩具館は、江戸期から現代までの全国各地の郷土色豊かな玩具、約5千点が常時展示されています。 自然素材のテーブルウェアーに倉敷ガラスや雑貨などがおしゃれに並ぶ陽光いっぱいの中庭を囲むサイドテラスをはじめ、ギャラリーやシ …続きを読む

1950(昭和25)年、江戸時代の土蔵作り米倉を改装して開館。今では考古館の建物は、倉敷を象徴する倉として、ポスターや切手をはじめ、様々なデザインにも使用されており側面壁の貼り瓦の美しさも注目を集めています。 内部の展示品は、「吉備」地方である岡山県と周辺一帯を中心に …続きを読む

岡山県産を中心とした日本の昆虫を展示しています。 絶滅または絶滅の危機に瀕している種など貴重な種が多数含まれています。 一部に世界の蝶コーナー、図書コーナーもあります。 …続きを読む

日本刀の展示はもとより、刀剣の素晴らしさを普及啓蒙する刀剣講座や研究会の開催。さらには、諸事情で日本刀を手放される場合の無料査定、無料鑑定、高価買取業務など日本刀との関わりを最初から最後まで、徹底してサポートする体制を整備しています。 …続きを読む

観る・遊ぶ | 博物館・資料館・テーマパーク

学生服草創期の大正時代から昭和初期にかけて、児島地区は日本一の学生服の産地で、先人達の血のにじむような努力により「学生服の歴史」が連綿と引き継がれています。時代の流れの中で散逸しやすい数々の貴重な資料を一同に集めた施設として、歴史を体感いただける学生服の資料館 …続きを読む


Copyright © Kurashiki City All Rights Reserved.