はせがわ酒店

真備エリア|明治時代の創業

酒類小売業

酒類(ウイスキー、ブランデー焼酎、日本酒など)の販売をおこなっています。

歴史ある町 真備町

 真備町といえば「たけのこ」の産地として有名ですが、「箭田大塚古墳」をはじめとして、吉備真備公の歴史などが展示されいる「まきび記念館」や中国の雰囲気漂う庭園のある「まきび公園」や「金田一耕助」で有名な横溝正史の疎開宅などたくさんの見どころがあり、また箭田の竹やぶは絶景でたいへん自然の豊かなところでもあります。その真備町と清音を結ぶ川辺橋より陣屋の町矢掛町へ向かう道中、まきび公園口があります。そこからすぐ近くの旧道沿いにブルドックの看板が目印の「長谷川酒店」があります。店内にはウイスキー、ブランデー、焼酎、日本酒などたくさんのお酒が並び、どこか懐かしい昭和の時代を思わせる雰囲気の漂うお店です。

老舗「長谷川酒店」の歴史

 「長谷川酒店」の歴史を振り返ってみると、明治初期、初代長谷川増三郎(ますさぶろう)氏が、「家資増商店」として菓子製造小売販売を創業。時代が大正に替わると、2代目長谷川杉一(すぎいち)氏が、後を継ぎ、屋号を「菓子増」として菓子を売る傍ら、田で採れた米で酒造りを始めました。昭和13年、「長谷川酒店」として法人化し、その後次第に商売も繁盛して御領、下津井、新見へ次々と支店を出店し、業務を拡大しました。  第2次世界大戦終戦後、物価統制により酒造りを一時期廃業、昭和25年頃より雑貨屋として再び商売を再開しました。3代目長谷川隆太(たかた)氏に代が変わると、サッカリン、酢などの醸造と合わせて、酒類の小売りも再開しました。その後、昭和の高度成長とともに順調に商いを軌道に乗せて行きました。

地域の活動に尽力

 昭和49年(1974年)には4代目長谷川立二(りゅうじ)氏が、受け継ぎます。とても気になる目印のブルドックの看板ですが、4代目が当時飼っていた愛犬のブルドックをモチーフにして作られたそうです。現在も、これまで通り同様に地元に根ざした酒店として、お店を守り続け、その傍ら地域の発展のため、真備船穂商工会の会長を引き受けるなど、長年の商売で培った知識と持ち前の積極性を活かして、先頭にたって地域の活動にも幅広く尽力されています。

所在地

〒710-1301 倉敷市真備町箭田4106-5

電話番号

086-698-0021

代表者

長谷川立二

創業

明治3年(1870年)