株式会社明石スクールユニフォームカンパニー

児島エリア|平安~江戸時代の創業

富士ヨット学生服製造販売メーカー

創業の地、繊維の町「児島」で西屋を創業 

古くから干拓が進んだ児島地区では、塩分を含んだ土地でも可能な綿栽培が奨められ、江戸末期からは由加山参拝土産として小倉帯、真田紐などの綿織物業が有名でした。さらに大正から昭和へと洋装化とともに学生服、作業服、そしてジーンズなどの縫製加工産業が発展していきます。 この児島の地(児島田の口西明石)において、慶応元年(1865年)明石役造氏が屋号「西屋」として小倉帯、真田紐の織物製造を創業。その後、明治34年(1901年)初代明石歓太郎氏が「明石歓太郎商店」に名称変更します。

学生服から学校制服へ 会社の変遷

昭和7年(1932年)より学生服を主として被服製造業を開始しました。昭和19年(1944年)には「明石被服興業株式会社」として法人化、その後、2代目社長として河合稔氏が後を引き継ぎ、昭和26年「富士ヨット」を商標登録するなど業容を拡張し、岡山県下でも最大規模の学生服製造会社となりました。 さらに昭和39年(1964年)には2代目明石歓太郎氏が3代目社長となり、西日本で最大規模となる宇部工場を竣工させ、また山口百恵さんなど人気アイドルをイメージキャラクターとして起用したテレビCMを展開し、製品の宣伝プロモーションにも力を注ぎました。 その後4代目社長明石章氏から5代目社長河合正照氏へと受け継がれ、昭和63年(1988年)には、世界的に有名なファッションデザイナー森英恵さんとライセンス提携をし、新たな「学校制服」というジャンルを提唱し「ハナエモリ・スクールジェンヌ」のDCブランドを立ち上げました。 平成27年6月より、企画営業部門の分社化により新会社の株式会社明石スクールユニフォームカンパニーを設立しました。
わが国の重要な課題でもある人口減少に伴う少子化、海外製品とのグローバル競争の激化、市場・流通構造の変化など、厳しい経営環境に対応するため、各事業における責任体制の明確化と意思決定のスピードアップを図ります。
また、全国の営業ネットワークを再構築し営業力を強化することによって、幅広く詳細な情報収集を行いながら、多様な顧客ニーズに迅速かつ的確に対応しています。

社会を支える企業を目指して

平成に入ると、業界にさきがけてITの導入など最新設備の充実をはかり、平成9年(1997年)「第11回日経ニューオフィス賞」を受賞。平成11年(1999年)には業界初となる「ISO14001」の認証を取得し、翌年、環境に配慮した太陽光発電システムを本社工場に導入するなどその努力、功績が認められ、平成13年(2001年)「グリーン購入大賞中小企業部門」に入賞。また、同年、基幹工場である宇部工場をリニューアルし、国内生産基盤を強化してきました。 現在は6代目社長河合秀文氏のもと、時代に即した消費者ニーズに応える新商品や着心地の良さを追求した高品質で高付加価値製品の提供に努め、スポーツウェア専業メーカー「デサント」とのコラボレーションによる学校体育衣料やルコックスポルティフブランドのメディカルケアウェア等の展開など矢継ぎ早に積極的な事業展開を行っています。 そして2020年1月、同社は、新企業指針“みらいのために。「倉敷発、地球品質。」”を策定しました。国連が提唱する「SDGs」達成の概念を共有し、制服の一大産地「倉敷」を基点に、「制服」を通じて実践する「3つの使命」を掲げ、「環境」「命」「絆」をまもる事業活動に取り組んでいます。 また、2022年8月には宇部市内の物流拠点「宇部TAC」を拡張し、BCP強化と業務効率化を図りました。これらの諸施策により、2023年1月、経済産業省による「次世代を担う繊維産業企業100選」に認定されました。 近年では、子どもたちの防災力を高めるため、産学連携プロジェクトによる防災教育の普及にも力を注いでいます。 さらに、「CLASS EARTH」との協働による環境教育制服や、自社ブランドによるハイクオリティ体育服「FEEL/D.」など、学校制服の新たな価値創造に挑戦しています。 (2024.2更新)

所在地

〒711-8611 倉敷市児島田の口1-3-44

電話番号

086-477-7701

代表者

河合秀文(代表取締役社長)

創業

慶応元年(1865年)