有限会社 加藤本店

玉島エリア|明治時代の創業

玉櫻味噌醤油醸造元 

昔ながらの手造りの手法で風味豊かなお味噌や醤油を生産しています。 商品名:「玉櫻味噌」「玉櫻しょうゆ」「金山寺味噌」等

昔ながらの手造りの手法で風味豊かなお味噌や醤油を生産

 倉敷市玉島といえば、白桃やマスカットなどの果物の産地として有名ですが、その他では、味噌や醤油造りが古くから盛んなところで、今でも数軒の醸造元が昔ながらの手造りの手法で風味豊かなお味噌や醤油を生産しています。その中の貴重な一軒である玉島柏島にある明治27年(1894年)創業の「加藤本店」では、創業以来、受け継がれた天然熟成手造りにこだわり、風味豊かな伝統の味を守り続けています。

明治27年(1894年)、初代加藤伝吉が味噌、醤油醸造業を創業

 その歴史は古く、明治27年(1894年)、初代加藤伝吉氏が、農業の傍ら、玉島柏島にて屋号「塚屋」として味噌、醤油造りをはじめ、この味が地元の玉島に根づくようにと想いを込め、風光明媚なこの地に美しく咲く櫻と合わせて「玉櫻味噌」、「玉櫻醤油」と命名したそうです。その後2代目加藤秀之輔氏が、後を引き継ぐと大正5年(1916年)には、「厚生労働大臣賞」をはじめ数々の賞を受賞、味はもちろん、その実直な味噌、醤油造りに対する姿勢が認められ地元をはじめ岡山県内外でも高い評価を受けたのです。昭和29年(1954年)、3代目加藤知正氏が、後を受け継ぎ「有限会社加藤本店」として法人化して伝統の味を守り続ける一方、努力家であった3代目は、昭和56年(1981年)、業界でも数少なく、当時、岡山県内でも取得者わずか2名の「一級みそ製造技能士」の資格を取得し、更なる味を追い求めて今まで以上に努力を重ね、味噌、醤油造りに力を注いだのです。

芳醇で風味豊かな味わいの「玉櫻味噌」「玉櫻しょうゆ」を守り続けて

 現在は、4代目加藤英仁社長が、後を受け継ぎ、材料は昔と変わらず厳選した国内産にこだわり続け、代々受け継がれた天然熟成手造りで、芳醇で風味豊かな伝統の味を守り続けています。  同社では、芳醇で風味豊かな味わいの「玉櫻味噌」(白味噌、赤味噌、中味噌、田舎味噌、米麹味噌)、「玉櫻しょうゆ」(濃口、淡口)のほか、茄子に昆布そしてちりめんじゃこを漬け込んだおかず味噌「金山寺味噌」も製造販売しており良寛荘をはじめ倉敷市内のお土産店などでも販売されています。

所在地

〒713-8123 倉敷市玉島柏島5680

電話番号

086-522-2557

代表者

加藤英仁(代表取締役)

創業

明治27年(1894年)

従業員数

3

ホームページ

http://www.tamazakura.net/