いぎ呉服店

玉島エリア|明治時代の創業

美しいきもの

呉服・帯・ちりめん和雑貨等販売、着物各種クリーニング、着付け教室

明治27年(1894年)猪木武源太氏が呉服の商いを創業

 倉敷市玉島に位置する玉島港は古来より北前船の寄港地として栄え、玉島港の近郊は古くより商店が立ち並び昭和30年代ごろまでは倉敷、連島、鴨方の方からも多くの人々が訪れ中心的な町として賑わっていました。その中に大正・昭和のレトロな雰囲気を感じさせてくれる「通町商店街」があります。明治、大正の創業のお店もあり昔ながらの暖かみのある商店街です。
 その一角に明治27年(1894年)創業の老舗呉服店「いぎ呉服店」があります。創業者猪木武源太(いぎぶげんだ)氏が呉服を商いとして創業し、当時は遥々高梁の方まで自転車で呉服を売りに行っていたそうです。その後、2代目猪木主税之助(ちからのすけ)氏、3代目猪木昌三(しょうぞう)氏と引き継がれ、現在は4代目の猪木直樹氏が代々受け継いだお店を営んでいます。

日本の伝統文化 きもの

 着物というと、高級で敷居が高いというイメージがありますが、着物を着るとピンと背筋が伸びて凛とした雰囲気をかもし出してくれます。近頃は、着物を着る機会が減りつつありますが、生まれてから七五三、成人式、結婚式など大切な節目に着物を着るという日本の伝統文化は我々日本人の心に継承された大切な文化です。その伝統文化を絶やすことなく後世に伝えていこうとご主人の直樹氏は、地元の学校のお母さん方に入学式に着物を着て頂けるように着付け教室を催したり、地域の活性化のために消防団をはじめとして多くの地域活動に参加。また「玉島若旦那会」を結成し「玉島宵灯」(たましまよいあかり)など地域のイベント活動を企画するなど地域に根ざした取組みを続けています。そんなご主人は、「もっとたくさんの人に着物の良さを知って頂き、気軽に着物を着て頂けるようお手伝いをしていきたいです。」と語られます。  同店では着物、帯のほかちりめん和雑貨なども取り扱っています。アフターサービスも充実していますので、着物について解らないことがあれば、どうぞお気軽に同店ご主人までお尋ねください。

所在地

〒713-8102 倉敷市玉島2-7-28

電話番号

086-522-3416

代表者

猪木直樹

創業

明治27年(1894年)