倉敷河上農機 株式会社

倉敷エリア|大正時代の創業

全ての農業機器を扱う

農業機器販売業

農業の近代化とともに

 笹沖の国道2号沿い北側に立つ3階建ての白いビル。それが倉敷河上農機株式会社です。社名の通り農業機器を扱う会社で、1階にあるショールームには、トラクターやコンバインなどが何台も並んでいます。その創業は大正14年(1925年)で、当初から河上商会の名で農業機器の販売を手がけていました。農業機器と言っても当時は「農具」という表現に近いものが主流で、人力による脱穀機などを販売していたと言います。  転機が訪れたのは戦後のこと。省力化のため農業用発動機がどんどん普及し、農業の近代化・機械化が一気に進みました。それにともない扱う商品が増えて会社も成長、そして昭和36年(1961年)には株式会社として今の形になります。現在は、クボタとヰセキを中心とした農業機器全般を取り扱い、岡山県南西部をエリアとして7つの営業所で地域に密着した商売を続けています。

農業機器を扱うということ

 農業機器を扱うということは、農家のお客さんと一から十まで付き合うということ。例えば米を作るならば、土を耕すことに始まり、田植え、稲刈り、乾燥、脱穀、精米まで全て農業機器が必要で、さらに細かくは草刈りや薬剤散布にも商品が使われます。また、農家にとっては大きな買い物になる機器も多く、それぞれが長期に渡って使われるために、自然と長く深い付き合いになっていくとか。機器のトラブル時に備えて40名ほどの農業機械整備技能士を揃えているのも、農作業の大変さを理解しているからです。

次の世代の農業発展のために

 耕作放棄地の増加や農家の後継者不足が指摘される現在、担い手や若い農業後継者の良き相談相手になることが今の会社に課せられた役割の一つだと感じています。農業は一朝一夕でできるものではなく、長年に渡るノウハウの蓄積が必要な仕事。農家相手に代々の付き合いを続けてきた企業として、次の世代の農業を担う若者の手助けをしていくことが今後の目標となっています。 (2022.11更新)

所在地

〒710-0834 倉敷市笹沖1080

電話番号

086-422-5590

代表者

山部修嗣(代表取締役)

創業

大正14年(1925年)

従業員数

51