塩屋味噌醸造元 くらしき塩屋

児島エリア|大正時代の創業

味噌の醸造・販売

岡山の味噌の伝統を守り製造を続ける。

まろやかな甘みを持った吟醸白味噌の「白みそ」、岡山で古くから生産されていた米麹から作る「中みそ」、豆の粒を残した「くらしき塩屋の田舎粒みそ」など、地域の人々に愛される味噌を製造する『塩屋味噌醸造元 くらしき塩屋』。その始まりは、倉敷市児島で志保屋幸助が天明5年(1785年)に創業した酒屋(現『十八盛酒造』)でした。『幸助酒屋』と呼ばれた酒屋では、酒造りのかたわら味噌作りを始め、その部門が独立する形で、大正10年(1921年)に味噌醸造所として創業したとされています。その後、3代目社長・石合吉之助氏の時代に分家して『塩屋商店』が誕生。工場を拡張し、幅広い世代に好まれる味へと改良を加えつつ、伝統の味を引き継ぎ製造しています。

倉敷市児島の味わいを伝える味噌。

味噌醸造の作業所は、讃岐の金比羅宮と由加神社本宮をつなぐ遍路道を挟んで、『十八盛酒造』の酒造所の向かいにあります。ここで米や麦の麹を作り、大きな窯で蒸した大豆と混ぜ合わせて仕込みを行い、その後、熟成所に移して寝かせます。熟成所の建物は、昔の高校の校舎を移築したもので、立派な梁のある建物です。岡山の味噌の伝統に沿った製造方法を守り続ける醸造元は今では少なくなり、昭和20年代には倉敷市内で16軒の味噌醸造所が組合に登録していましたが、現在は4軒のみと、貴重な存在となっています。

地元の味を伝える豊かな風味の味噌。

『塩屋味噌醸造元 くらしき塩屋』の味噌は、いずれも米麹を多く使っているため、豊かな風味とコクが感じられます。昭和40年(1965年)前後から主流となった「塩屋の田舎粒味噌」は、皮剥ぎ大豆を使用し、熟練した職人が手造りで仕込んでいます。また、岡山県産アケボノ米と北海道産ゆきほまれの皮剥ぎ大豆を使用した「くらしき塩屋の甘口みそ」は、農林水産省大臣官房長賞、食糧庁長官賞、社団法人 中央味噌研究所理事長賞など数々の賞を受賞。そのほか多くの商品が農林水産大臣賞などを受賞し、高い品質と味わいが評価されています。最近では、島とうがらしを使った「辛みそ」や、「紅こうじ甘酒」といった新商品も誕生し、幅広く倉敷市児島の味わいを伝えています。
 
倉敷玉島で生産されていた「ひなづる味噌」を引き継ぎ「金山寺みそ」などの商品を製造しています。
(2024.2更新)

所在地

倉敷市児島田の口5丁目6-32

電話番号

086-477-8091

代表者

石合眞吾(代表取締役)

創業

大正10年(19年)

ホームページ

https://www.shioya-miso.jp 

関連リンク

児島エリアの特産品「塩屋味噌」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_buy/rm-buy62/