赤澤屋株式会社

玉島エリア|大正時代の創業

石油製品・液化石油ガスの販売、自動車の修理・整備・売買・リース、損害保険代理業、船舶代理店業務、太陽光発電・燃料電池ほか新エネルギー、食パン製造・販売

石油販売店として、地域の生活・事業とともに

大正9年(1920年)、初代赤澤寛一氏、吉川彌一氏によって『赤澤屋石油店』を創業。玉島の港に届く石油や食用油を地域の各所へ運ぶとともに、港に入る船舶への燃料(バンカー)供給をしていました。ところが、戦時中に石油は販売・使用が統制され配給制になります。そうした中で赤澤屋は石油配給公団の指定店として統制品を扱うこととなり、岡山県西部の配給業務を担っていました。
『三菱石油』と特約店契約を結び、昭和33年(1958年)には『赤澤屋株式会社』に組織変更します。1961年にガソリンスタンド1号店を玉島(現本社近く)に開店。高度経済成長期には水島コンビナートを中心に事業を広めてきました。

品質と価格で「安全&安心」を提供

今では、岡山県内に17店、広島県に4店の直営のサービスステーションを運営。給油や洗車、自社工場での点検・整備など個人向けサービスとともに、水島港に3隻の燃料給油船を有して、瀬戸内海を航行する大型船舶への燃料供給や工業用潤滑油の販売など、地場企業ならではのフットワークと細やかな提案力で、地域の人々の生活と事業を支えています。
赤澤屋が今も昔も変わらず大切にしていること、それは「安心と安全を誠実にお届けして得る信用・信頼」です。ENEOSブランド100%という品質の安全性と、毎朝価格調査を行ってユーザーをがっかりさせない安心できる価格設定を徹底しています。

これからの時代へ

昨今、世界的にFC車(燃料電池)、EV車(電気自動車)、ハイブリッド車などが注目される中、赤澤屋では新たなエネルギーにも目を向けつつ柔軟な対応を進めています。平成14~15年には、スタッフ給油も残しながらセルフSSの出店を加速。また、新規事業のひとつとして、2019年倉敷駅前に中四国地方では初の出店となる高級食パン専門店『銀座に志かわ』のFC店をオープンさせました。翌年には岡山市内にも2店舗目を構え、人気を集めています。
赤澤屋は現在4代目代表取締役社長・狩野良弘氏のもと、地域の生活プラットホームとなるセルフSS「Enejet」を増やすなど、世の中の流れを読み先を見極めながら、これまでの100年同様、地域の発展や人々の快適な暮らし・カーライフをサポートするべく尽力し続けています。 (2024.2更新)

所在地

〒713-8713 倉敷市玉島阿賀崎1-4-11

電話番号

086-522-5111

代表者

狩野良弘

創業

大正9年(1920年)

従業員数

260

ホームページ

https://www.akazawaya.co.jp/