リカーズながやま(永山商事有限会社)

倉敷エリア|大正時代の創業

酒類販売、不動産賃貸

大正14年、倉敷駅前で酒類小売をスタート

大正14年(1925年)、当時の国鉄(現在のJR)倉敷駅前に開店したのが、酒類を販売する『リカーズながやま』の前身である『永山倉敷支店』でした。創業者の永山榮一氏は、笠岡市の酒造元『永山酒造』の次男として生まれ、この年に分家し、倉敷支店を背負って立ちました。すぐに日本を代表する日本酒メーカー、白鶴酒造の特約店となり、直接取引をしたほか、キリンビールなどの扱いも始まりました。近隣地域の地酒を含むすべての日本酒は、樽で仕入れ、店で漉し器を使いながら瓶に移し替えて販売するのが当時のやり方でした。大正から昭和初期にかけて、現在のビール券に先んじた「御酒券」を贈答用に発行するなど、新進気鋭のアイデアも経営に生かされました。また倉敷市の宿泊施設など料飲店への酒類卸売りも行っていました。昭和13年(1938年)より酒類販売業が免許制度になると、事業はさらに安泰の時期を迎えました。

多様化するニーズに応える酒類販売を目指す

平成元年(1989年)の「酒類販売業免許等取扱要領」の改正により、大規模小売店舗による酒類販売への道が開かれると、古くからの酒類小売店の多くが廃業や撤退、解散することになりました。ちょうどこの時期に店舗の建て替えを行なって、店名を『リカーズながやま』と替え、同時に店舗の上階を使って不動産賃貸を始めました。店内には、宝酒造歴史記念館に収めた店の看板と引き換えに贈られた一枚板のレプリカや、昭和初期のビール瓶やポスターや限定品など、店の歴史を感じさせるものがさりげなく並んでいます。現在は岡山県内の地酒をはじめ、国内外の和洋酒を取り揃え、地元客、観光客に喜ばれる店づくりを目指しています。「創業100年に向け、今までのお客さまを大切にしながら、さらに多様化するニーズに応えていきたい」と2代目の永山騏一郎さんは語ります。
(2022.02更新)

所在地

倉敷市阿知2-3-8

電話番号

086-422-0551

営業時間

10:00~18:00
定休日 土・日・祝

駐車場

なし

代表者

永山騏一郎

創業

大正14年(1925年)

従業員数

3