荻野製織 株式会社

児島エリア|大正時代の創業

倉敷から世界へ、帆布生地の「いま」を提案

帆布、その他生地の企画、製造、販売

足袋から始まり、今に至る

繊維の町、児島・味野地区に「荻野製織株式会社」はあります。大正8年(1919年)に「荻野織物工場」として、初代・荻野尚一氏が創業しました。尚一氏の母がこの道を進めたと言われており、6台の織機からスタートしたのでした。当時は広幅織物を製造し、足袋などに使われる布も取り扱っていました。その後、昭和38年(1964年)に尚一氏が死去、弟であった忠治(ちゅうじ)氏が家業を引き継いだと同時に、尚一氏の長男・泰道(現・代表取締役社長)も現場に入りました。当時、泰道氏は18歳で高校を卒業したばかりでしたが、現場で働いている方々からたくさんの教訓を教わり、その後の荻野製織株式会社の礎となる経験をしたそうです。昭和42年(1967年)に会社名が荻野製織株式会社へと株式化され、昭和57年(1982年)には泰道氏が代表取締役社長へ就任しました。

児島・味野から発信する多種多様な帆布を目指して

昭和30年代前後には神戸市長田地区で製造されていた靴に使う帆布を製造していましたが、時代の流れと共に帆布の用途が靴から雑貨、鞄など様々な商品に広がりました。そのため、荻野製織株式会社でも帆布の加工、種類により力を入れるようになりました。昔は幡屋(布屋)は通常問屋を通して商品を販売していましたが、泰道氏は大阪に出向き、一軒一軒お店を回って自社の商品を売り込んでいきました(左写真:使っていた渋柿で染めた帆布の鞄は当時泰道氏が使っていた勝負鞄)。そして、現在では東京・大阪を中心に多くのアパレルメーカーで荻野製織株式会社の帆布が使われています。

荻野製織株式会社のモットーとは

「新しいものづくりを一生懸命していくこと」と泰道氏は言います。その言葉通り、帆布を保管している倉庫(創業時に建てられた製織工場)には数多くの帆布があり、柄や布の厚さも多種多彩。シンプルな色から、タータンチェック柄まで時代季節に合った布を今も生み出しています。 (2021.11更新)

所在地

〒711-0913 倉敷市児島味野3-2-28

電話番号

086-472-2246

代表者

荻野尚也(代表取締役社長)

資本金

1,000万円

創業

大正8年(1919年)

従業員数

4

ホームページ

https://ogino-hanp.jp