崇神坊織物 有限会社 (そうじんぼうおりもの)

児島エリア|明治時代の創業

光輝畳縁の製造をしている会社です。

合繊細幅織物の製造販売、畳縁の製造

光輝畳縁の生産地 倉敷市児島唐琴

 瀬戸内海の温暖な気候に恵まれ古来より塩に強い綿花の栽培が盛んで四国金毘羅山と由加山の両参りで賑わった倉敷市児島唐琴。東には王子ヶ岳、渋川海水浴場などがあり、夏には多くの人が訪れる海岸沿いに面した風土豊かな土地です。また、真田紐、学生服などの生産地としても知られ、数多くの光輝畳縁の製造業者がある一大生産地としてもとても有名です。

明治元年(1868年)、
初代石原喜惣平氏が小倉帯の製造販売業を創業

 この地で明治元年(1868年)、初代石原喜惣平氏が由加山の参拝客向けのお土産品として小倉帯の製造販売業を創業。その後、大正元年(1912年)2代目石原佐太郎氏が家業を引き継ぎ、小倉帯の販売減少に伴い、昭和2年頃より光輝畳縁の製造販売に着手して行きました。
昭和13年(1938年)には次男の石原正一氏が「石原佐太郎」を襲名し、三代目として家業を継承しました。その後、昭和26年(1951年)3月には「崇神坊織物有限会社」として法人化して事業を軌道にのせて行きました。その後、時代とともに従来の綿、麻から合成繊維に原材料も代わり、同社でも顧客の様々なニーズに対応して行きました。

日本の伝統、「畳」文化を守り
後世へ伝えていきたい

 昭和63年(1988年)、石原幸太郎現社長が四代目に就任して事業を引き継ぎ、現在も従業員同士のチームワークを活かして、日々助け合いながら堅実・誠実に物作りに励んでいます。近年、日本人のライフスタイルの変化に伴い「畳」のある家が年々少なくなっています。それに伴い光輝畳縁の需要も次第に減少しつつあります。そんな中、「自分たちの子どもや孫の世代にも日本の伝統文化である畳みの良さをもっと知ってもらいたい。また後世へ伝えていきたい。そのためにも地道に一歩一歩細く長く続けて行きたい」とのこと。同社ではものづくりを通して日本の伝統文化を守るべく良質な光輝畳縁を作り続けています。

所在地

〒711-0904 倉敷市児島唐琴4-14-40

電話番号

086-477-7207

代表者

石原幸太郎

創業

明治元年(1868年)

従業員数

5