株式会社 中原三法堂

倉敷エリア|明治時代の創業

ご先祖供養を通じて地域に貢献

仏壇仏具墓石販売、霊園紹介

「三法」の意味

 中原三法堂は、明治22年(1889年)に倉敷の中心、本通りで創業。創業者は中原所蔵氏。現在では「お仏壇の中原三法堂」として知られていますが、当時の仏壇は家屋に作り付けの物が多く、扱っていたのは仏具の方が中心だったと言われます。ちなみに「三法堂」の「三法」とは「仏・法・僧」のことで、「仏」は悟りを開いた人、「法」はその教え、「僧」は教えを受けて修行する集団を意味します。

昭和50年代からの飛躍

 企業として大きく成長を見せたのは昭和50年代からで、前社長である中原博氏が就任後に進めた戦略が変化のきっかけでした。最初に始めたのは仏壇の展示予約会で、これが予想以上に反響を呼び仏壇の販売を大きく後押しします。展示予約会は以降、各地の催事場で開催されることとなりました。同時に、女優の香山美子さんを起用したCMの出稿を始めたことで認知度も一気に向上。その後、県南を中心に支店を次々と展開し、現在では17の店舗ネットワークを構築するに至ります。

日本の豊かな精神文化のために

 仏壇・仏具・墓石や霊園だけではなく雑貨の扱いも行っている中原三法堂。墓石に関しては県下でトップクラスの扱い数で、霊園もオアシス霊園を中心として40以上の場所を紹介可能です。そうした成長を支えるのは、常に時代の流れを読んで柔軟に対応していく経営力とともに、「ご先祖供養を通じて地域に貢献する」という基本理念が挙げられます。特に仏事は宗派や地域によって様々な違いがあり高い専門知識が必要な分野ですが、それに対応するために「仏事コーディネーター」や「お墓ディレクター」といった公認資格を有する社員を多く育成し、ニーズに合わせて的確な助言ができる態勢を整えています。  今後についても幅広いネットワークを生かしたきめの細かいサービスやユーザーの声を生かした商品の充実を継続していくことが願い。 ・平成28年よりYahoo!ショッピングに和雑貨・仏具を扱う2店舗を出店。
・平成30年1月に創業の地である本通店を「お香と和雑貨のお店」としてグランドオープン。  これからも日本の豊かな精神文化を育んできた先祖信仰を大切に守り伝えていくことを使命として、仏事文化を通じて地域に貢献できる企業を目指します。 (2021.11更新)

所在地

〒710-0043 倉敷市羽島255

電話番号

086-427-5588

代表者

木村謙吾(代表取締役社長)

創業

明治22年(1889年)

従業員数

250

ホームページ

http://www.sanpoudo.co.jp