有限会社 平田呉服店(アムゼ)

児島エリア|大正時代の創業

婦人服販売業

ミセスのためのこだわわりのある商品を選別、アソートしたセレクトショップ。 大人が日常的に楽しめる、新鮮で高感度なアイテムを揃えています。

大正13年(1924年)、小津野伝右エ門氏が「平田呉服店」を創業

 倉敷児島といえば、四国と本州を結ぶ瀬戸大橋があり鷲羽山から眺める夕日は絶景です。またジーンズや学生服、ワーキングウェアなど繊維の町としても有名で、倉敷内外から多くの人が訪れるところです。
 大正13年(1924年)、小津野伝右エ門(こづのでんえもん)氏が呉服の小売業として「平田呉服店」を児島の地に創業。伝右エ門氏の生まれた里は玉島の平田家で、出身地である故郷の姓をとって「平田呉服店」としました。
 昭和に入ると、小津野豊(ゆたか)氏が2代目伝右エ門を襲名し家業を引き継ぎ、夫婦力を合わせ商売に勤しみ顧客からも信頼され順調に業績を伸ばして行きました。

時代とともに和服から洋服へ

 第2次世界大戦の後になると、3代目寿男(ひさお)氏が後を引き継ぎ、今までは呉服の販売を主としていましたが、時代の流れとともに、欧米文化の影響をうけ着物、足袋、下駄、草履の時代から世の中もしだいに洋服、靴下、靴を身につけるようになり、そんな時代の流れを敏感に察知した3代目寿男氏も呉服を売りつつ洋服も取り扱うようになって行きました。昭和50年頃、4代目正之(まさゆき)氏が引き継いでしばらくすると、呉服の販売も頭打ちとなり、センスの良いミセスブランドを多く取り扱う婦人服の販売を主力にしたお店作りへと転換して行きました。昭和60年(1985年)には「有限会社平田呉服店」として法人化し、大型スーパーへの出店など業務を拡大させて行きました。

気軽によって楽しく買い物が出来るお店作り

 現在も、創業当時から築きあげた顧客との信頼関係とそれにこたえるべく代々受け継いだお客様第一の精神を守り続け、お客様と長くお付き合いができるようなお店作りをテーマにして、お客様が気軽に寄って楽しくゆっくり買い物が出来るよう従業員一同力を合わせてお店作りに努めています。

所在地

〒711-0931 倉敷市児島赤碕1-12-9

電話番号

086-472-2553

代表者

小津野正之(代表取締役)

創業

大正3年(1914年)