有限会社 藤孫商店(あかい靴)

児島エリア|明治時代の創業

靴小売業

天満屋ハピータウン トピア1階「あかい靴」にて、個性的でセンスの良い靴を販売しています。また、シューフィッター有資格者による健康に良い体にやさしい靴選びのアドバイス、提案もおこなっています。

明治25年(1892年)初代藤本孫右衛門が下駄、鼻緒の製造小売業を創業

「赤い靴はいてた女の子・・・♪」という歌がありますが、倉敷市児島の天満屋1階にある「あかい靴」は明治25年(1892年)創業の「藤孫商店」が出店されている女性にも大人気のおしゃれな靴のお店です。
 創業者の藤本孫右衛門(まごうえもん)が、倉敷市児島味野の野﨑家住宅のすぐ近くに下駄、鼻緒の製造小売りとして商いを始め、当時は材料から仕入れて手作りで下駄を作りそれを販売していました。大正の終わりごろより2代目藤本恒祐(つねすけ)があとを引き継ぎ、昭和に入ると、時代とともに次第に着物から洋服へと人々の生活スタイルも変革していき、それに伴い昭和25年頃から履物も下駄から運動靴(ビニール製)、ツッカケなど実用的なものへ変わって行ったため、2代目恒祐も時代の流れに沿って運動靴などの靴も販売するようになって行きました。
 昭和40年頃より3代目藤本十七三(となぞう)現社長に代が変わると、日本の景気の向上とともに次第に人々の生活にもゆとりが生まれ履物も次第に実用的なものからファッション性のある物へと変わっていった。昭和63年(1988年)には瀬戸大橋が開通し、児島にも多くの人が訪れる様になり「藤孫商店」も人の流れとともに児島駅前、茶屋町にお店を移転し新しい販路を拡げて行きました。

足に優しいセンスの良い靴を品揃えて、雰囲気の良いおしゃれなお店作り

 平成になると景気の低迷などの影響で靴の販売業界も競争が激しくなり「藤孫商店」もそんな中、平成19年頃より経営革新を行いインターネットの販売開始や天満屋1階(倉敷市児島)の店舗を改装し「あかい靴」としてリニューアルオープンさせ、他に無いものをという事で「trippen」(ドイツ)、「clarks」(イギリス)、「vialis」(スペイン)などヨーロッパの靴をはじめ、東京のデザイナーの手掛けるブランド「MANA」など個性的でセンスの良い靴を品揃えし、とても雰囲気の良いおしゃれなお店に生まれ変わり次第に多くの女性に人気のお店となって行きました。また、整形外科の先生から体の仕組みについて指導を受けた従業員3人が「シューフィッター」の資格を取得し健康に良い体にやさしい靴などお客様の立場になって靴選びのアドバイス、提案をおこなっており雑誌、口コミ等でその噂は広がり地元をはじめ県外からも多くの方がわざわざ来られるそうです。
 店長の藤本氏は、「足にやさしい靴を追及しファッション性のあるヨーロッパの靴や若手デザイナーの発掘にも力を入れていきたい。」と語られていました。

所在地

〒711-0921 倉敷市児島駅前2-35 天満屋ハピータウン トピア1階

電話番号

086-473-2030

代表者

藤本十七三(代表取締役)

創業

明治25年(1892年)

従業員数

8

ホームページ

https://www.e-akaikutsu.com