株式会社 杉屋ダイワークス

児島エリア|大正時代の創業

糸染め加工並びに各種繊維製品染色特殊加工業

繊維の町児島において、糸染め加工並びに各種繊維製品染色特殊加工をおこなっています。

大正5年(1916年)、初代橋本廣太氏が染色の道へ

 大正5年(1916年)、初代橋本廣太氏が、「杉屋染工場」として染色業を創業。当時は主に足袋の製造に使われている糸、並びに学生服布地に使われる黒色、紺色を主体とした糸、そして、学生服夏季用の霜降りの糸撚などを手掛けていました。児島でも有数の染色業者として、地元織物業者の信用も厚く、順調に業績を伸ばして行きました。
 戦後になって人々の洋装化に伴い、次第にカラー物の需要が増加、また綿糸、スフ糸に加えて、化学繊維の開発によって染料の種類も増加して行きました。そんな中、復員後に家業を引き継いだ橋本太郎氏は、日々研究、試行を繰り返しながら、自ら染色技術を工夫するなど努力を重ねて、時代の流れと共に新しい染色技術を追求して行きました。

児島で初めてジーンズ用のインディゴ糸染め

 昭和37年(1962年)「杉屋染工株式会社」として法人化。「染色部」、「晒部」、「ベルト部」の三部門とします。その2年後、昭和39年(1964年)、東京オリンピックが開催され、その頃より赤、青、緑、黄色のカラフルな色彩であった縞帆布(しまはんぷ)の需要が高まり、その染色の依頼が増加して行きました。そんな中、染色部の橋本太郎氏は、藍染が盛んであった岡山県井原の同業者の所へ藍染の技術を習いに行きました。修業を終えた後、習得した技術、知識、経験を活かして、昭和40年頃には、児島地区で初めてとなるジーンズ用のインディゴ糸染めをおこなったのです。

社訓「常在戦場」の精神で

 平成10年(1998年)、橋本太郎(代表取締役)氏が、「杉屋染工株式会社」染色部の営業を引き継ぎ、社名を「株式会社杉屋ダイワークス」として、社訓である「常在戦場」の精神で児島の繊維産業を支える企業として、その礎を築き、現在は、長年培ってきた技術と経験を活かして、糸染め加工並びに各種繊維製品の染色特殊加工をおこなっています。
 私たちが普段、何気なく身につけているジーンズ製品や衣料は、生地作り、縫製、染色、デザインに至るまでのあらゆる場面で、それぞれに携わる人々の絶え間ない努力の積み重ねにより生み出されて来たものであると言えるでしょう。これからも次世代のファッション界を支え続ける企業として、同社の技術力を活かして、更なる児島の物づくりの発展に繋げて行っていただきたいと思います。

所在地

〒711-0906 倉敷市児島下の町9-8-10

電話番号

086-472-6002

代表者

橋本 大(代表取締役)

創業

大正5年(1916年)

従業員数

12