松井織物 株式会社

児島エリア|明治時代の創業

児島唐琴で特産品の畳縁製品を製造販売しております。
オリジナル製品の製造が得意で、様々な企業とコラボレーションしています。
新しい使い方してみませんか?畳縁!

明治元年(1868年)、
松井千五郎氏が織物業を創業

 明治元年(1868年)、引網村(現在の唐琴)で代々同地方きっての豪農として栄えてきた松井家の松井千五郎氏が、明治維新の到来と同時に新しい時代があけるのを見通し、綿袴地を主として帯子(たいず)など織物業として創業。初代千五郎氏は誠実な手織りと、実直な商いで織物業に励んだ。その後2代目松井松三郎氏が父の後を受け継ぎ、渋川や日比方面(玉野市)へも商圏を拡げて、多くの取引先や下請け業者と取引をするようになり、地元の児島をはじめ京都、大阪、兵庫など遠方の問屋にも納品して商売を成功させて行きました。その結果、2代目松三郎氏は、不動の信用と富を得ました。
 2代目の長女イワさんの婿であった松井源太郎氏が3代目松井松三郎を襲名、松井家の親戚筋にあたる松井武平(ぶへい)氏に大正10年頃から畳縁を学び、大正から昭和にかけて畳縁、ゲートルの大量生産を開始しました。その後、各地に販路を開拓して事業を拡大させていき、昭和19年(1944年)に「松井織物株式会社」として法人化しました。

国内有数の畳縁製造メーカーへと成長

 その後第2次世界大戦が勃発、戦争中は統制により住友通信工業の協力工場として同工場でも飛行機の部品の製造がおこなわれました。戦後になり昭和23年頃から4代目松井忠雄氏が中心となって織物業を再開させ、4代目忠雄氏は優れた商才を活かし全国一円に得意先を拡張させ、製造量もついに国内トップの畳縁メーカーに成長させると同時に、九州など各地から集団就職で来た多くの縫製工を雇い入れて、生産体制を確立させて行きました。当時は従業員にも働きながら高い教養を身につけてもらおうと華道、茶道、洋裁、編み物教室、定時制高校などの入学金、授業料の半額などを会社で負担していました。その後、5代目松井孝雄氏、6代目松井圭子さんへと受け継がれ、現在は7代目松井克爾(かつじ)社長が、地元ジーンズメーカーと共同企画した「ジーンズ皮パッチ」など新商品の開発など新しい取り組みにも挑戦して、代々受け継いだ技術を活かしながら質の高い畳縁製品の製造をおこない伝統ある老舗の看板を守り続けています。

所在地

〒711-0904 倉敷市児島唐琴3-6-77

電話番号

086-477-7028

代表者

松井克爾(代表取締役)

創業

明治元年(1868年)

従業員数

8

ホームページ

https://www.herikoubou.co.jp 

関連リンク

児島エリアの特産品「畳縁」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_buy/rm-buy100/