春陽繊維 株式会社

児島エリア|明治時代の創業

細幅織物業

コンテナバッグの吊りベルトを主力として、細幅織物の製造をおこなっています。

初代石井初次郎氏が田の口で織物業を創業

 明治42年(1909年)初代石井初次郎が倉敷児島田の口にて屋号「まがり」として織物業を創業して明治、大正時代と下駄の鼻緒や真田紐、ゲートルなどの織物を製造していました。その後、昭和に入ると畳縁などの製造も手掛ける様になり、昭和15年(1940年)に開催された「第7回中四国九県総合工芸展覧会」では火鉢用のクッションで優等賞を見事に受賞するなど発想力に優れた初代初次郎氏は地元田の口の業界関係者の間でも知る人ぞ知る有名な人物だったそうです。織物業も次第に衰退していき、第2次世界大戦後はPPの花ござの製造を開始します。当時は花ござも大衆に人気を博しており同社も製造が追いつかないほど忙しかったそうです。そんな中、昭和30年(1955年)に「有限会社石初織布」として社名変更した後、2代目石井璋男(あきお)が、昭和33年(1958年)には現在の「春陽繊維株式会社」として法人化して業務を拡張していきます。

時代とともに変革を遂げて

 花ござの低迷の影響もあり、昭和40年頃から昭和50年頃にかけては撚糸を手掛け、昭和52年(1977年)から現在の細幅織物業へと業態を移行していきます。当時はまだコンテナバックの吊りベルトを製造している会社は少なく、同社はその先駆けとしてコンテナバックの吊りベルトの製造を開始します。現在では安価な輸入製品の流入の影響も多少ありますが、同社は国内の業界でもシェアトップを争う企業として月産30万メートル以上を生産しており、「安くて丈夫な吊りベルト」その価格と品質には業界でも定評があります。明治から大正、昭和、平成へと様々な変革を遂げてきた同社ですが、創業当時からの織物業より培った技術と経験を基にして成功と失敗を繰り返しながらも時代の先々を見据えて常に新しい物へ挑戦し続けることにより今日に至っています。現社長の3代目石井一弘氏は、「これからも現在のコンテナバックの吊りベルトを主として児島のものづくりを守り支え続けていきたいです。」と語られています。

所在地

〒711-0903 倉敷市児島田の口2102

電話番号

086-477-7245

代表者

石井一弘(代表取締役)

創業

明治42年(1909年)