お酒の見附屋(みつけや)

児島エリア|大正時代の創業

こだわりの地酒小売専門店

店主自ら全国の蔵元を訪ね、自らが自信を持ってお奨めでき酒(蔵元直送商品)を厳選して販売しています。
地元児島の美味しい地酒も取り扱いしています。

「見附屋」の歴史

 大正6年(1917年)、初代石川高男氏が、「鴻八幡宮」の参道のつきあたりにあった事より、八百屋「見附屋」と称して食料品小売業を創業。高男氏は、酒類免許を取得してお酒の小売も始め、戦後になると、タバコの販売許可も受け、タバコの販売も開始。様々な商品を揃える事により「見附屋さんに行けば、何でも揃うよ」と地元の人に頼りにされる様なそんなお店にしたかったのでしょう。その後2代目石川豊昭氏が後を引き継ぐと、地元に根ざしたお店として地域の評判も高くその信頼を確かなものとしていきます、そんな矢先、同じ商圏内へスーパーが進出して来て次第に同店でもその影響を受けます、昭和40年頃より、やむを得ず八百屋と酒小売店の兼業商売から酒類専門店に業態を変更して、地道にお客さんとのコミュニケーションを築き積極的に宅配先を開拓していきます。その努力の結果「お酒の事なら見附屋さん」と言われるほど顧客からも信頼される様になっていきます。現在も酒類小売専門店として全国の様々な蔵元に自ら足を運び、蔵元のお酒造りに対する姿勢とその味を自身の五感で確かめてこだわりを持って仕入れを行い、お客様に対して「誠実な商いを」の想いで蔵元直送商品を中心に販売しています。

こだわりのお奨めの地酒「多賀治」

 店主お奨めのお酒は、地元児島にある蔵元十八盛酒造の特約店限定酒の「多賀治」です。
2013年に誕生した銘柄です。「多賀治(たかじ)」とは、何事にも斬新なアイデアを注ぎ、地元からの信頼が厚かった五代目(曾祖父)の名前に由来しています。原料米には、岡山県産の「雄町」「山田錦」「朝日」を使用。
 2016年には「多賀治・朝日純米大吟醸 生酒」が、ワイン評論家ロバート・パーカー氏が主宰する“パーカー・ポイント”で、90点を獲得。全国約800点の純米大吟醸、純米吟醸酒のうち、上位にあたる78点の一つに選ばれました。
(2020.11更新)

所在地

〒711-0906 倉敷市児島下の町7-1-29

電話番号

086-472-3371

代表者

石川誠

創業

大正6年(1917年)

ホームページ

https://www.mitukeya.com/