有限会社 亀仙商店

児島エリア|明治時代の創業

船舶用品・漁業資材

港町下津井にて、漁網、漁業資材、船舶用品加工販売をおこなっています。 [お問合せメールアドレス] info@kamesensyoten.com

明治15年(1882年) 初代亀井仙吉氏が「亀屋(かめや)」を創業

 倉敷市下津井といえば特産品の「たこ」、四国への玄関口「瀬戸大橋」、すばらしい景勝地「鷲羽山」などが有名ですが、古くは本州と四国を結ぶ中継地であり、海上交通の要衝でした。備前岡山の海の玄関口として北海道から下関を通り瀬戸内海各地へ鰊粕を(にしんかす)を運んだ北前船の寄港地でもあり、古くから賑わいのあった港町です。
「亀仙商店」は、このような歴史豊かな港町下津井で、明治15年(1882年)初代亀井仙吉氏が屋号「亀屋(かめや)」として創業。近くには「むかし下津井回船問屋」があり、北前船が碇を下ろしていた往時をしのぶことができます。またお店からは「瀬戸大橋」をまじかに見られ、元旦には、「瀬戸大橋」をバックに初日の出を観ることが出来る抜群のロケーションに立地しています。

時代と共に代々受け継がれて

 創業当時は日本麻で糸をより、釣り具を加工していました。その後地元下津井港の漁業者と共に潮の流れにあった漁網、漁具を考案し製作販売を開始し、二代目亀井仲次郎氏、三代目亀井明儀氏、四代目亀井清眞氏と代々受け継がれ、昭和41年(1966年) 五代目の亀井良明氏が「有限会社 亀仙商店」として法人化しました。五代目の亀井良明会長のお話しによると、以前は広島県の祇園、古市産の麻を仕入れ糸をよって加工していたそうで、その後、時代と共に材料はナイロン、ビニロンといった原反に移り代わっていったそうです。

下津井の漁業を縁の下で支え続けながら

 現在は、六代目の亀井敏明現社長が、五代目の亀井良明会長と共に、漁網をはじめ漁業資材(ロープ、漁具)、船舶用品(船具、塗料、船舶検査用品)などの安全で便利な商品の加工販売を行っています。下津井でお馴染みのいかなご、ちりめん漁用に使われる「こまし網」(網目が細かい)なども取り扱っており、まさしく下津井の漁業を縁の下で支える、なくてはならない店舗です。

所在地

〒711-0926 倉敷市下津井吹上1-1-7

電話番号

086-479-9008

代表者

亀井敏明(代表取締役)

創業

明治15年(1882年)

従業員数

6

ホームページ

http://www.kamesensyoten.com