下津井電鉄 株式会社

児島エリア|明治時代の創業

地域に愛され続けて

旅客自動車運送業(乗合・高速・貸切)、住宅・不動産業、レストランなど

明治44年(1911年)
「下津井軽便鉄道株式会社」として会社設立

 明治44年(1911年)、倉敷市児島下津井にて「下津井軽便鉄道株式会社」として会社設立(資本金30万円・株主351人)。大正3年(1914年)、下津井~茶屋町間の鉄道を営業開始。その後、児島の繊維業界の発展に伴い、庶民の重要な交通手段として、大正14年(1925年)、下津井~岡山間のバス事業を開始。
 昭和に入ると、戦後間もなくして昭和24年(1949年)、「下津井電鉄株式会社」に社名を変更した後、昭和27年(1952年)、貸切バス事業開始。その約2年後、昭和29年(1954年)、タクシー事業を開始。さらにその翌年には、旅行斡旋業登録を行って旅行業をスタートさせるなど、戦後の復興とともに、観光事業の分野にも積極的に参入して行きます。高度成長期とともに、鉄道、バス、タクシーの需要は順調に伸びて行き、人々の間にも便利な公共交通手段として普及して行きました。昭和40年(1965年)、業務の合理化を図るため、本社機能を倉敷市児島から岡山市に移転。その後も、一般区域貨物運送事業、自動車整備事業、フォークリフトの販売整備事業、倉敷SDボウル(ボウリング場)の運営など様々な事業展開を進めて行きます。その後、時代の流れとともに求められる交通手段も変わり、平成2年(1990年)、鉄道全線(児島~下津井間)廃止を最後に地域の人々に惜しまれつつ、下津井電鉄の鉄道運輸事業はその長い歴史の幕を閉じました。

「児島ジーンズバス」で「バーディ君」復活

 現在、同社バス事業部児島営業所では、バス事業を中心として、児島地区の縫製工場やジーンズショップ、観光施設を巡る「児島ジーンズバス」、日本の夕日百選に選ばれた鷲羽山からの夕景を楽しむ事が出来る「鷲羽山夕景鑑賞バス」、運賃プラス100円で自転車積載可能な下津井循環バス「とこはい号」など、児島地区を中心に庶民の足として、また観光客の足として、大切なバスの運行を行なっています。
 
 観光客に大変好評の「児島ジーンズバス」では、下津井軽便鉄道で人気者だった鷲のマスコットキャラクター「バーディ君」が、平成24年(2012年)8月から「ジーンズバーディ君」として復活し、運転手さんのおとなり最前列の助手席に乗車しています。「ジーンズバーディ君」は、年配の利用者から「懐かしい」、お子さんからは「可愛いい」と大人気です。旅の思い出に一緒に記念撮影をするお客さんも多く、ぜひ一度「ジーンズバーディ君」に会いに来てください。
(2020.11更新)

所在地

〒711-0913 倉敷市児島味野3-2-10 バス事業部児島営業所

電話番号

086-472-2811

代表者

永山久人(代表取締役社長)

創業

明治44年(1911年)

従業員数

214

ホームページ

http://www.shimoden.co.jp 

ECサイト

https://busbito.com/