つちや産業 株式会社

児島エリア|大正時代の創業

ドライバーズユニホーム・各種企業ユニホーム製造販売メーカー

電鉄、バス、タクシーのドライバーズユニホームを主力商品として、警備服、消防服、会社、官公庁等の制服の製造販売をおこなっています

足袋~学生服~現在へと時代と共に

 明治39年(1906年)に松三曙が初めて動力ミシンを導入して、その後、足袋製造が児島の地でも地場産業として発展していきました。大正12年(1923年)、初代永山久吉氏が、倉敷市下津井にて「千里足袋株式会社」として足袋製造業を創業。初代永山久吉氏は、同時期創業の「下津井電鉄株式会社」の創立者でもあり、同社の基盤確立にともない、初の系列事業として「千里足袋株式会社」を創業しました。
 昭和18年(1943年)、第2次世界大戦による企業整備で事業を中断しますが、業界の安定と共に、事業継承した2代目永山美恵子さんが、昭和26年(1951年)、「つちや学生服本店」として倉敷市味野へ移転させ、足袋製造に代わって学生服の縫製業を開始しました。昭和34年(1959年)、「つちや学生服株式会社」として法人化。その後、昭和42年(1967年)、3代目永山繁光氏が後を引き継ぎ、社内生産品目の推移にともない、「つちや産業株式会社」と社名を変更。平成になり4代目永山司代表取締役社長(現在)が事業を受け継ぎました。

ドライバーズユニホームを主力商品として

 現在同社では、業界に先駆けて製造販売を開始した電鉄、バス、タクシーのドライバーズユニホームを主力商品として、警備服、消防服、会社、官公庁等の制服の製造販売をおこなっています。現在は、東京、大阪、福岡へも進出しており、商圏を各地に広げる一方、多くの企業が海外へ生産拠点を移していく中、現在も自社縫製工場を児島に置き、地元の熟練者の縫製技術を活かして、国産生地に特化した製品作りを進めています。その丁寧な縫製技術は品質が高く、同社の商品であるオーダーメイドのユニホーム「オリジナルオーダー」は、柔軟性のある生地を使用し、背中にタックを入れることで機能性を高めており、ユニホームとして採用している地元企業のドライバーの皆さんにも、着心地がよく作業性も備えているので、動きやすくて仕事がしやすいと大変好評を得ています。同社では、創業100周年に向けて、長年培ってきた技術、経験を活かして品質重視の物作りを「繊維の街児島」より発信し続けています。 (2022.11更新)

所在地

〒711-0913 倉敷市児島味野6-9-2

電話番号

086-472-4811

代表者

永山司(代表取締役社長)

創業

大正12年(1923年)

従業員数

20

ホームページ

http://www.tsuchiya-uni.jp