千人塚

水島エリア|歴史的建造物・神社仏閣・史跡

災害犠牲者の合葬墓地及び供養碑、三十三観音石仏、五輪供養塔

明治時代に県南部を直撃した台風の被害者のうち、256の無縁仏を埋葬した地です。「千人塚」を後世へ守り伝えて行くことが自然の災害と隣り合わせの我々の大切な責務です。

明治17年(1884年) 岡山県南部を台風が直撃

明治17年(1884年)8月25日、岡山県南部を直撃した台風は、夜になって吹き戻しの風となり、水島灘(みずしまなだ)から打ち寄せる怒涛(どとう)と高潮により福田新田の干拓堤防が各所で決壊しました。

犠牲者の死を悼み冥福を祈り

「岡山県水害史」によれば、当時の福田新田五か村(北畝・中畝・東塚・南畝・松江)の被害は、破壊流失した家屋742戸、荒廃した田畑705ha、犠牲者は536人にのぼりました。この犠牲者のうち身元不明とされた256遺体は、無縁仏としてこの地に埋葬され「千人塚」と呼ばれるようになりました。その1年後には、犠牲者の死を悼み、冥福を祈るため、全国から寄せられた義捐金(ぎえんきん)を元に「合葬之碑」が建てられ、現状のように整備されました。春にはたくさんの桜が綺麗に花を咲かせ、犠牲者の魂を弔い、我々に自然災害への備えを促すかのごとくその美しさを輝かせます。

災害時における「絆」

当時の被災者に対する救済は、被災直後から行われた周辺住民による救出作業や炊き出しなどのほか、岡山県では備荒儲蓄法(びこうちょちくほう)に基づく支援を行うとともに、被災者には義捐金をもとに救助金が配られました。また、のちの決壊堤防の復旧作業には多くの被災者が雇われ、その現金収入が生活支援にも役立ったといわれています。
私たちは、比較的自然災害の少ないとされる岡山県において、この地でおこった大惨事とその復興にかけた努力を永く記憶にとどめるともに、後世に引き継いでいかなければなりません。 (2019.11更新)

団体名

千人塚

所在地

倉敷市広江2

電話番号