旧野崎浜灯明台

児島エリア|歴史的建造物・神社仏閣・史跡

全国的にも少ない木造灯明台

江戸時代に造られた木造の灯明台

貴重な遺構

旧野崎浜灯明台は日本式木造灯明台で、味野浜と赤崎浜境の入江の埠頭にあり、文久3年(1863年)に塩釜明神の御神燈として、また、浜へ出入りする船の夜間照明のための灯台として建てられました。
こうした木造高灯籠形式のものは全国的にも少なく、西洋式灯台に変わる以前の灯台を知ることができる資料として貴重な遺構となっています。 (2019.11更新)

団体名

旧野崎浜灯明台

所在地

倉敷市児島味野

電話番号