吉備真備公弾琴祭(きびのまきびこうだんきんさい)

真備エリア|まつりと文化

真備公を偲ぶ琴と尺八の音色

琴弾岩の上で琴と尺八が演奏される。

吉備真備公の晩年の逸話から

小田川の清流を望む真備町妹・猿掛地区に琴弾岩(ことびきいわ)と呼ばれる巨岩があります。吉備真備公が晩年に中央政界を引退した後、この岩の上で琴を弾いたという言い伝えがあり、それにちなんで行われるのが「弾琴祭」です。
1949年から欠ける事なく毎年、仲秋の名月に最も近い土曜日に公を偲んで琴弾岩の上で琴と尺八の演奏や様々なイベントが行われます。(雨天時は呉妹小学校)(2024.2更新)

団体名

吉備真備公弾琴祭実行委員会

所在地

倉敷市真備町妹・猿掛地内、小田川河畔琴弾岩周辺

電話番号

086-698-2062

ポイント

仲秋の名月に最も近い土曜日に開催