稲荷神社

茶屋町エリア|歴史的建造物・神社仏閣・史跡

茶屋町に鎮座するお稲荷さん

五穀豊穣・商売繁盛・開運厄除の稲荷大神を祀る

稲荷神社の歴史

 茶屋町の住宅街の中にたたずむ稲荷神社は、地域の干拓事業が完了した江戸時代中期より鎮座しています。
 享保19(1734)年6月、京都の稲荷神社(現在の伏見稲荷大社)から御分霊を迎え、神社の御祭神としました。
 令和16(2034)年には記念すべき御鎮座300年という節目の年を迎えます。

秋祭のにぎわい

10月第2土曜日、翌日の日曜日は秋季大祭が斎行され、たくさんの参拝者で賑わいます。
日曜日に行われる「神幸祭(御神幸)」では神輿渡御が行われ、参加者の勇壮な掛け声と共に町内を巡ります。また、茶屋町の民俗文化でもある「茶屋町の鬼」も行列に加わり、秋の祭を盛り上げてくれます。

団体名

稲荷神社

所在地

倉敷市茶屋町1547

電話番号

086-428-5577

ポイント

駐車場:あり(5台)

ホームページ

https://inari-jinja.com