本性院・雨笠松

玉島エリア|自然環境

300年の歴史を顧みる

お寺の境内に生える樹齢300年と言われる天然記念物の松。

倉敷市の天然記念物

本性院は観音霊場で開山は慈覚大師と伝えられ、境内の「雨笠松」は倉敷市の天然記念物に指定されています。四方に約16mにも及ぶ枝を張り巡らせた黒松で、樹齢は推定300年。
「雨笠松」の命名は、嘉永元年(1848年)にここを訪れた備前の儒学者、雲岳といわれています。

団体名

本性院

所在地

倉敷市玉島黒崎4595

電話番号

086-528-0827