倉敷市児島産業振興センター

児島エリア|見学

「デザイナーズ・インキュベーション」を運営し

倉敷市の地場産業を多角的にサポートする施設

平成23年(2011年)4月にオープンした倉敷市の地場産業を多角的にサポートする施設。創業を目指す人の支援するレンタルオフィス「デザイナーズ・インキュベーション」を設置。ほか、地域紹介コーナー、交流コーナー、体験工房、多目的コーナー、貸会議室の施設があり、電動自転車の貸し出しも行っています。

創業をサポートする

「デザイナーズ・インキュベーション」

デザイナーを目指す人の為に設けられた、レンタルオフィス「デザイナーズインキュベーション」では、入居者はワークスペースの各種工業用ミシンが使える他、インキュベーションマネージャーによるビジネスを広げるためのサポートもあり、全7室には活気ある若い企業が入居しています。  このレンタルオフィスには、倉敷市内でアパレル産業や、デザイナー・クリエイターの事業を行う意思、また倉敷市内に本社等の事業拠点を置く意思のある人(団体でもOK)が応募できます。入居期間は原則3年以内とし、使用料は広さによって異なり、18,656円~34,951円(税込。共益費・電気代含む。駐車場、インターネット料金等は自己負担)と利用しやすい料金設定となっています。

児島で活躍するOB・OG

オープンして以来、入居者の中からは数々の実績が生まれています。例えば、児島を訪れたことがある人なら目にしたことがある「ジーンズタクシー」や、また児島名産の「真田紐」とコラボレーションした「真田紐携帯ストラップ」をデザインした「Soda」。ほかにも、児島をPRしようと地域の特色を絡めて考案した、デニム生地と畳縁を使ったポシェット「ジーンベイザメ」のデザイン・製作を手掛ける「KASEI」。人気YouTubeサイト「縫製ばあ」を主宰し、自らもデニムジャケットの企画・デザイン・縫製業を営む「ダンジョデニム」。ジーンズストリートに出店している「ENCRUST」。児島の伝統の「手のみ裁断」と刺しゅうの店「蜂縁屋」。

必要に応じて利用できる様々な施設も魅力的

倉敷市内に在籍する繊維関連企業の商品を展示している「地域紹介コーナー」、児島の繊維関連企業や店舗、観光名所、グルメなど児島の情報がぎゅっと詰まった「交流コーナー」では、入居者の商品(購入可能)も置かれています。  「体験工房」には工業用ミシン、アイロンなどがあり、一度受講すれば一般市民でも利用可能。「多目的コーナー」は主に撮影スタジオとして使用でき、一眼レフカメラや照明も借りることができます。また、「会議室」は企画会議、クライアントとの打ち合わせ、大規模なプレゼンテーションまで用途に合わせて使える全5室があります。 「デニムストラップ作り」「リース作り」「くるみボタン作り」「サンドブラスト体験」「児島の繊維産業の歴史講座」などのワークショップはどなたでもご利用できます。 このほか、電動自転車の貸し出しも行っており、自転車専用道路「風の道」を利用した、鷲羽山・下津井へのサイクリングや、ジーンズストリート散策など、繊維の街の観光に人気です。
令和6年からは、新たに電動キックボードを導入します。 (2023.10.1 料金改定) (2024.1更新)

団体名

倉敷市児島産業振興センター

所在地

〒711-0921 倉敷市児島駅前1-37

電話番号

086-441-5123

ポイント

開館日:9:00~18:00
休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)
アクセス:JR児島駅から徒歩3分
駐車場:33台(無料)

ホームページ

http://www.kip-center.jp