十八盛酒造 株式会社

児島エリア|見学

江戸時代創業の老舗蔵元の酒蔵見学&試飲体験

天明5年(1785年)創業老舗蔵元の酒蔵見学&試飲体験。(要 予約)
同じ敷地内にある塩屋味噌醸造元「くらしき塩屋」も昔ながらのお味噌を造っており、こちらも注目です。

天明5年(1785年)創業老舗蔵元

 天明5年(1785年)、初代志保屋幸助氏によって開かれた歴史ある蔵元「十八盛酒造」は、JR児島駅から渋川海水浴場(玉野市)へ向かう道中、由加山のふもと倉敷市児島田の口地区にあります。社名でもある「十八盛」は、5代目石合多賀治氏によって「娘十八、番茶も出花」という言葉から命名された伝統あるお酒です。その名の如く口に含んだ時の優しい甘みと丸く温かで耽美な味は、乙女の如く純粋無垢で桜花の如く艶やか。瀬戸内の温暖な気候と豊かな食の文化に育まれ、伝統の技を継承する蔵人によってその味は継承されて来ました。

老舗酒蔵見学(お酒&味噌醸造)

 お酒の仕込みをしていない時期に蔵見学を行っています。お酒ファンはもちろん、若い女性からおじいちゃん、おばあちゃんまで、楽しんでいただけるスポットとなっております。また、係の人による丁寧なお酒造りの説明もあるのでとても勉強になり、お酒を飲む時にも一味違った味わいになること間違いなしです。また、同じ敷地内には、「十八盛酒造」から端を発し昭和になって分家したお味噌醸造元「くらしき塩屋」も併設されており、こちらもこだわりの材料と昔ながらの伝統の製法で味噌造りをおこなっていますので、ぜひご覧いただきたいスポットとなっています。

試飲体験&ご当地お土産スペース充実

 昔の蔵をそのまま使用している店内には、お酒を試飲できるスペースがあり、「雄町純米」を始めデニム地ラベルがお洒落なリキュール「ことのわ ゆず」など色々なお酒の味わいを楽しむ事が出来ます。また、お土産スペースも充実しており、各種お酒のほか、前掛や徳利など多数ご当地商品を販売しております。
(2019.12更新)

所在地

〒711-0903 倉敷市児島田の口5-6-14

電話番号

086-477-7125

代表者

石合敬三(代表取締役)

ポイント

駐車場:5台あり
お土産コーナー:あり

ホームページ

https://juhachi.jp 

関連リンク

江戸時代創業の老舗「十八盛酒造」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_shop/rm-shop122/ 
 
児島エリアの特産品「十八盛」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_buy/rm-buy65/