横溝正史疎開宅

真備エリア|観覧

金田一耕助生誕の地

横溝正史が大戦中に疎開して暮らしていた家

概要

 金田一耕助シリーズで知られるミステリー作家の横溝正史が、大戦中の昭和20年から約3年半の間、家族とともに疎開し、暮らした家です。今も当時の面影を残し、庭のたたずまいは当時のまま。
 この家で、「本陣殺人事件」「蝶々殺人事件」や「獄門島」といった傑作が生まれました。

所在地

〒710-1311 倉敷市真備町岡田1753

電話番号

086-698-8558

ポイント

開館時間:10:00~16:00
入館料:無料
休館日:月・木・金・祝、年末年始

関連リンク

真備エリアの魅どころ「巡・金田一耕助の小径」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_see/rm-see132/ 
 
真備エリアの体験「倉敷市真備ふるさと歴史館」
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_experience/rm-experience123/