倉敷緞通

倉敷エリア|工芸品

再興を遂げた特産品

日本の和洋折衷の建物にも合う敷物

倉敷緞通の前身と復興

 倉敷緞通の前身は、金波織(きんぱおり)という敷物。昭和の初期、早島町で花筵(花ござ)の製造を行っていた矢吹貫一郎が日本の和洋折衷の建物にも合う敷物として考案したこの金波織を民芸運動家の柳宗悦が見て「倉敷緞通」と名付け、縞柄を加えたのが始まりです。倉敷緞通は倉敷の特産品として全国的に人気を集め、戦争が始まるまでは海外へも輸出されていました。戦後は再び生産を再開し、昭和30年代から40年代にかけては注文に追い付かないほどの隆盛でしたが、原材料の高騰や職人の高齢化などが重なって昭和61年(1986年)を最期に作られることもなくなってしまいました。  平成3年(1991年)、中小企業の社長を中心メンバーとする「伝統産業復興研究会」が発足し、倉敷緞通の再興がはかられることになります。現在、倉敷緞通の製造に携わる瀧山雄一氏は平成4年(1992年)にこのプロジェクトに参加。残っていた織機を他から購入してメンテナンス、改良を施しながら技術を身に付けていきました。現在では個人事業主として独立し、倉敷緞通の製造を続けています。

倉敷緞通の特徴

 倉敷緞通の製造は、まず素材作りから始まります。裏地用にはイ草を紙で巻いた細長いもの、表地用にはリング糸をそれぞれ別の工程で用意し、それらを合わせて織り込んだ後、裁断して縁をかがって完成となります。裏地の素材となるイ草は倉敷産のものを使い、他の原材料もほぼ国産。最近は原材料も生産量が少ないために調達には苦労しますが、それでも指名買いしてくれるお客さんの反応を楽しみに作業に励みます。需要としては実用以外にお土産や贈答用としても重宝されているとか。倉敷市内では数件のショップで販売しているほか、ネットでの直販も行っています。

今後の願い

瀧山氏が倉敷緞通の製造に携わり始めて2013年で20周年。全てが手作業の上に基本的に一人で行っているために生産量が少なく、時にはお客さんに待ってもらうこともしばしばです。そういうこともあり、次の世代への後継も最近はよく考えるようになりました。せっかく復興した伝統をぜひとも次に繋げたい。そのためにも日々の研鑽を通じて倉敷緞通の普及と浸透に努めます。

団体名

倉敷緞通

所在地

〒710-0022 倉敷市早高490-7

電話番号

086-482-3478

ホームページ

http://kurashikinote.jp