塩むし桜鯛((株)魚伊山陽路)

玉島エリア|地場食品

「塩むし桜鯛」をはじめ、瀬戸内海産の魚を使った加工品

水産加工物の製造・販売

昔ながらの製法で旨みを閉じ込めた
「塩むし桜鯛」

祝いごとの席を盛り立てる瀬戸内産の天然の鯛を使った「塩むし桜鯛」や、地元で獲れたママカリだけでつくる「ママカリ沙美漬け(酢漬け)」など、瀬戸内海産魚類を中心とした水産加工物の製造・販売する『株式会社 魚伊山陽路』。戦前から魚の卸を行い、水産加工物の製造・販売を手掛けるようになり、昭和31年(1956年)に設立されました。以来、「お客さま目線で良いものを仕入れ、お客さまにご満足いただける商品づくり」を考えて商品開発を続けています。「塩むし桜鯛」のいちばんの特長は鮮度の良さ。前日まで瀬戸内海を泳いでいた鯛を生きたまま〆め、殺菌作用のある菰に包んで専用釜で一気に塩蒸しにした後、乾燥させます。鮮度の高い真鯛と塩のみを原材料に、昔ながらの製法で鯛の旨みを閉じ込めています。パッケージの伝八笠を開いたときに漂う桜鯛と藁の香りも秀逸です。

地元で採れたママカリ100%の
「ママカリ沙美漬け(酢漬け)」

近年、漁獲量が著しく減っている瀬戸内海のママカリですが、「ママカリ沙美漬け」は、地元で採れたママカリだけを使って酢漬けにした商品であることから、自信を持って地元である玉島・沙美の名前を付けています。また夏の瀬戸内海で一定期間のみ収穫され、ほとんど市場に流通しない白身の高級魚、まながつおの大きな切身「まながつおの味噌漬/粕漬」は、夏の短期間のみ製造・販売され、すぐに売りきれてしまうそうです。味噌漬け、粕漬けには、全国の品評会で特賞を受賞する会社に依頼した吟醸味噌や地酒酒粕をぜいたくに使用しています。それぞれの商品はオンラインで購入できます。(2024.3)

団体名

株式会社 魚伊山陽路

所在地

倉敷市玉島黒崎6538-1

電話番号

086-528-0150

代表者

原田源次郎

ポイント

水産加工物の製造・販売。オンライン販売あり。

ホームページ

https://www.uoi-sanyouji.jp/