倉敷ほうじ茶

倉敷エリア|地場食品

創業当時からの焙煎機で焙じる「倉敷ほうじ茶」

ほうじ茶、煎茶、抹茶の製造・販売

祖父母の代に始めた
日本茶の専門店

昔ながらの量り売りスタイルを3代にわたって続ける日本茶専門店『つねき茶舗』は、昭和23年(1948年)、倉敷で創業しました。現代表・恒枝信雄さんの父・恒枝丈夫(たけお)さんは、京都出身。仕事の都合で妻の𠮷子(よしこ)さんとともに1935年に満州に渡りましたが、丈夫さんは1945年、陸軍大尉として新京(長春)に赴任。その後、シベリアに抑留されました。𠮷子さんは郷里の倉敷で茶業を始めようと、京都府宇治で永禄年間(1560年頃)から茶業を営む茶問屋『上林春松本店』に単身出向き、お茶を取り引きする許可を得ました。丈夫さんの帰国後は、化学の教師だった丈夫さんの知識を生かし、「どうすればお茶がよりおいしくなるか」を追求し、様々な問屋から入る茶葉で配合を研究しました。現在は自家焙煎する「倉敷ほうじ茶」をはじめ、約9種類の煎茶、茎茶、玄米茶、抹茶などを扱い、茶葉は宇治を中心に、福岡、新茶は鹿児島から入荷しています。抹茶以外のお茶は、味を見ながら異なる産地の葉を配合して販売しています。また平成25年(2013年)には「美観地区店」をオープンし、多くの観光客が立ち寄る店となっています。

一番茶だけを浅めに焙じた「倉敷ほうじ茶」

 『つねき茶舗』の店先で焙煎する「倉敷ほうじ茶」の香ばしく爽やかな香りは、地元の人にとって心象景色のひとつとなり、旅行者の足を止めさせる力を持っているようです。茶葉自体は煎茶と同じもので、6種類のお茶の一番茶だけを使って浅めに焙じてあり、味わい、香りなどを評価され、平成26年(2014年)から「日本茶AWARD」の「ほうじ茶部門」や「香りのお茶部門」で数度にわたり受賞しています。駅前店では創業直後から活躍する焙煎機を、「美観地区店」では昭和40年代からの焙煎機を使い、その日の風の具合を考慮し、火加減を調節しながら、三代目の恒枝信三さんが手を休めることなく焙煎しています。 香りと味のバランスを追求しながら、よりおいしいものを追求したことで生まれた、親しみやすいお茶です。(2024.3)

団体名

つねき茶舗

所在地

倉敷市阿知2-3-24

電話番号

086-422-1427

代表者

恒枝信雄

ポイント

「倉敷ほうじ茶」は「日本茶AWARD」で多数回受賞。

駅前店(倉敷市阿知2-3-24 TEL:086-422-1427)は営業時間10:00〜17:30、日・月曜、祝日休。

美観地区店(倉敷市本町3-9)は営業時間10:00〜18:00、不定休。

オンライン販売あり。

ホームページ

https://tsuneki.net