倉敷薄荷(アロマ雑貨)

倉敷エリア|工業製品・その他

岡山農業試験場倉敷はっか分場で生まれた幻のハッカを再生

倉敷薄荷ショールーム/秀美(しゅうび)を使った商品
エッセンシャルオイル・エアーフレッシュナーの販売
簡易蒸留見学など

岡山とハッカの関係

 薄荷(ハッカ)はシソ科の多年生植物で、日本に自生するミントは和種ハッカ、ペパーミントやスペアミントなどハーブとして知られるものは洋種ハッカとも呼ばれています。海外と同じように日本でも昔から薬や香料として利用されてきました。日本で本格的に栽培されるようになったのは岡山出身の僧・栄西が1191年(建久2年)に中国から持ち帰ったのがきっかけだという説もあります。
 
 1817年(文化14年)には備中門田村の秋山熊太郎が薄荷草を水蒸気で蒸留して植物精油として産業化し、利益を上げたとも伝えられています。また1936年(昭和11年)には、倉敷市西富井に全国で2ヵ所しかない薄荷の試験場ができたことから、昭和20年代には薄荷の出荷量で北海道・北見に次ぐ全国第2位を誇っていました。しかし、昭和40年代後半になると殆ど栽培されなくなり、その後、岡山県内の薄荷生産は途絶えることとなりました。

幻の品種「秀美(しゅうび)」

旧農林省指定の岡山農業試験場倉敷はっか分場で生まれた和種ハッカ「秀美(しゅうび)」。岡山県内のハッカ産業衰退、水島工業地帯の発展による影響も重なったことから当時は世に出ることがなかった幻の品種です。合同会社吉備のくに未来計画は、試験場関係者よりその貴重な苗をお預かりする機会に恵まれ、かつての倉敷の伝統産業を復活させようと2012年(平成24年)に秀美の再生をスタートさせました。秀美はペパーミントのミッチャム種と倉敷に自生していた三美を掛け合わせた品種の和ハッカです。メントール成分がしっかり含まれており清涼感がありながらも、甘くて穏やかな香りが特徴的です。栽培では環境負荷に考慮しながら、契約農家さんを含めた畑で農薬を使用せず、有機肥料と土地に含まれる自然のミネラルで丁寧に育てています。

良いものを、少しだけ日常に

 倉敷薄荷エッセンシャルオイルは、アロマディフューザーとしてお使いいただくことをおすすめしております。詳しくは店頭またはお問い合わせにてご説明いたします。また、スプレータイプの倉敷薄荷エアーフレッシュナー(20ml)はお土産としても大変人気です。
その他他企業様とコラボさせていただいており、チョコレートやジェラート、期間限定でモヒート等幅広くお使いいただいております。
倉敷薄荷陳列所では蒸留の仕組みをご覧いただける「簡易蒸留見学」を実施しております。(不定期)是非お立ち寄り下さいませ。

(2024.2更新)

団体名

倉敷薄荷陳列所/合同会社吉備のくに未来計画

所在地

〒710-0046 倉敷市中央2-10-11

電話番号

086-427-2111

代表者

野嶋 雅弘

営業

月・水・金 10:00~16:00
火・木は事務所使用日
倉敷市地域おこし協力隊が運営

ホームページ