イイダコ

児島エリア|農林水産品

児島・下津井の名産「イイダコ」(飯蛸) 

マダコ科の小型の蛸(たこ)。瀬戸内海で漁獲されるが、特に児島・下津井は名産地として名が知られている。

1年を通して食べられる下津井のタコ「イイダコ」

 漁港の町、下津井では特に「タコ」が多く漁獲されており、タコ飯、から揚げ、刺身など食用として幅広く使われています。「イイダコ」は全長30cmほどで足が長く、頭の背面、眼の間には四角い黄金食の斑紋があります。名前の由来は卵が入っているものを煮ると、胴に飯粒が詰まっているように見えるため、「飯蛸」(イイダコ)と呼ばれるようになりました。
 1年を通して食べられますが特に冬は身が締まって美味しく、甘辛煮にしたり、から揚げ、そしてたこ飯にしたりと美味しく食べられます。
(2013.10-10)

ホームページ

https://www.oygyoren.or.jp/