マダコ

児島エリア|農林水産品

瀬戸内海で育つ「マダコ」は国内でも美味とされている

急な潮流がある瀬戸内海に面する児島で育った「マダコ」は美味。
主に下津井では1本釣りやたこつぼ縄漁業で漁獲される。
マダコ科の軟体動物。

倉敷・下津井で漁獲される新鮮な「マダコ」

 全長40~60cm、そのうち4分の3は腕もあるものもある「マダコ」。岡山県の漁獲物として重要な漁業資源であり、特に倉敷の下津井では「下津井のタコ」の名で知られています。長い手足、そしてイボ状の吸盤が特徴的で色は暗褐色ですが、マダコは周囲の色によって自分の色を自由に変えることができます。そして、イカと同じく敵に対して墨汁を吹き出して身を守るという賢いマダコです。
 
 旬は夏と冬。味は美味そのもの。新鮮なマダコは刺身で贅沢に食べることができますが、他にも酢の物、唐揚げ、たこ飯にしても美味しく食べられます。また、冬に漁獲されたマダコを干した、「干しダコ」の姿は下津井漁港の冬の風物詩となっています。
(2013.10-10)

ホームページ

https://www.oygyoren.or.jp/